貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

切れたネックレスの買取

買取業者の存在

恥ずかしい話しなのですが、私は買取業者というものをあまりよく知りませんでした。
いわゆるリサイクルショップだと思っていたので、中古の家具や家電や、ゲームソフトなどを扱っている店だと思っていたのです。
まさか宝石や貴金属を扱っているなんて、思っていなかったのです。

そして、質屋には昔のイメージしかありませんでした。
お金に困ったときに品物を入れてお金を貸してもらい、期日までに借りたお金よりも高い金額で買い戻す、あの質屋のイメージです。
でも、今の質屋はそんな暗いイメージではないということを娘に聞いて知り、驚いていたところでした。

初めての質屋

娘に「お母さんも要らなくなったアクセサリーやブランド品があったら、質屋で換金したらいいよ。ただ捨てるのはもったいないからね」と言われて、そう言われればそうだなと思い、クローゼットを片付けて使っていないブランドバッグやアクセサリーを見つけました。
クローゼットのしまっておいても場所を取るだけだった大きなバッグは、それがなくなるだけでスッキリしそうでした。
私には不要なものでも、どなたか欲しい方がいらっしゃれば、このバッグも本望です。
私はブランドバッグを2点とブランドアクセサリーを1点、ノンブランドの金のリングを1点持って、質屋へ行きました。

買い取り希望だと言うと別の場所へ通されて、持参したバッグやアクセサリーを丁寧に見て査定してくれました。
ブランドバッグは1点は5,000円、もう1点は3,200円でした。
ブランドアクセサリーは去年のモデルでまだ需要があるそうで、22,000円の査定価格が付きました。
どれも当然、元の値段と比べるととても安くなってしまいましたが、使っていなかったものを買い取ってもらえるだけで十分でした。
そしてノンブランドの金のリングは「商品価値はほとんどない」ということで、スケールで重さを量り金の相場価格での買い取りとなったのです。
そのことに少し驚いて、お店の人に「壊れてしまった金のアクセサリーでも買い取ってもらうことはできますか?」と聞いてみました。
すると、「大丈夫ですよ!切れたネックレスや片方しかないピアスなんかも、本物の金であれば買取できます!」と言ったのです。

使えないアクセサリーの売却

家には切れたネックレスや片方しかないイヤリングや留め具が壊れたブレスレットなど、もう“使えない”アクセサリーが数点ありました。
貧乏性で、もう使えないと分かりながら捨てることができずに、一まとめに箱に入れて取っておいたものでした。
私は金属アレルギーがあるので、アクセサリーは金かプラチナのものしかありません。
ですから“本物”であることは間違いないのです。

私は箱ごと質屋に持参しました。
中には使えなくなったアクセサリーを一つずつチャック付きの小さな袋に入れたものが入っています。
質屋は2度目だったので、慣れたようにお店の人に査定をお願いし、箱ごとお渡ししました。
お店の人は、どれも間違いなく本物の18金であることも確認して、私の目の前でアクセサリーを全て箱から出し、1つずつ名称と状況を紙に書いていきました。
そして、前回のときのようにスケールを取り出して目の前で重さを量り、1点ずつ重さを記入していきました。
使えなくなって捨てるしかなかったアクセサリーは総額で8万円程度になり、金額の大きさにビックリしました!
貧乏性で捨てなくて、ヨカッタです。

質屋のイメージ

娘に買い取りの話しを聞いて、思い切って質屋に行ってみて本当に良かったです。
それまでの質屋のイメージを覆して、今は明るく前向きな印象しかありません。
こうしてお金に換えられるなら、飽きてしまったバッグやアクセサリーは早めに売って、新しいものを買うのもいいなと思うようになりました。
物で溢れていたクローゼットもスッキリしたり、どうしたらいいのか悩んでいた使えないアクセサリーも売却し、心まで軽くなった気がします。

«
»