貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

貴金属の買取の値段が安い・・・そんな時どうすればいい?

貴重な貴金属製品を売って大きな現金を手に入れたいと思っていたのに、査定を受けてみたら値段が想定していたより安くて途方に暮れてしまう場合もあります。
このような場合には大まかには三つの方法で対策することが可能です。

最も単純なのは扱ってもらう業者の種類を検討する方法です。
貴金属を使っているからといって必ずしも貴金属専門の買取業者を選ぶのが最適であるとは限りません。
金やプラチナなどを使用しているアクセサリーや時計などは確かに高額買取をしてくれう可能性が高いですが、含有量があまり高くない場合には安くなってしまいます。
含有量が高いインゴットの場合には貴金属買取業者に依頼するのが良い選択ですが、ネックレスなどのアクセサリーの場合にはアクセサリーの買取業者に依頼した方が高く売れる可能性があります。
ブランド品としてよく知られているアクセサリーの場合には貴金属としての価値よりもブランドアクセサリーとしての価値の方が高い場合も多いからです。
金やプラチナを使用している場合にはその市場価値が高いので貴金属として売るのが良いと考えてしまいがちですが、ブランドとして人気がある場合にはブランド品として扱ってもらった方が高額買取をしてくれる可能性が高いのです。

二つ目の方法となるのが貴金属買取業者間での比較です。
含有量が高いのに高く売れないというときには手数料が問題になっている可能性があります。
業者は利益を得なければならないことから必ず手数料を申し受けています。
貴金属の相場から計算できる金額そのもので買い取ってくれることはなく、10%から30%程度の手数料を差し引いた値を査定価格として提示するのが一般的です。
業者の利益分となる手数料について比較をしてできるだけ少ない業者を選ぶのは合理的な対策になります。
それと合わせて吟味すると良いのが買取依頼の方法です。
店舗営業をしているときには店頭に持ち込みで査定と買取をしてもらうのが査定価格が高くなりやすい方法であり、宅配買取や出張買取を依頼すると手数料がかかる場合もあります。
宅配や出張を依頼していた場合には、近くに店舗を探して査定を依頼してみるのも良い方法です。

もう一つの方法が時期を見極めることです。
貴金属として売るという場合には貴金属市場の価格が買取価格に大きな影響を及ぼします。
貴金属はロンドン市場を代表とする世界市場によって司られていて、刻々とその取引価格が変動しています。
生産地における採掘量の変化だけでなく、世界的な流通量や社会状況の変化、経済体制の変革などによって市場価格は大幅に変化しています。
金製品を売るときに金相場が低いという状況になっていれば、貴金属の買取を依頼しても安くなってしまうのは必然です。
業者は買い取った金製品を金として売ることにより差益を生み出すことで利益を得ているからです。
それに加えて貴金属市場が国内で成立しているものではなく、世界市場によって左右されていることから円の価値が国内相場に影響します。
貴金属の価格についてはドル建てで計算されるため、ドル円の為替レートの変動が価格を上下させることになるのです。
このような事情があることから、世界市場での価格と為替レートについて注意を払って貴金属の価値が高くなったタイミングで売るのが買取価格を引き上げるために重要になります。
日本での相場価格については日本市場という形で世界市場と為替レートに基いて計算された値を手に入れることが可能です。
リアルタイムで確認できるチャートもあり、過去の推移の状況も確認できることから価格が上がるかどうかを判断しながら売るタイミングを見計らうことができます。

«
»