貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

貴金属買取価格の計算方法は?

貴金属を売るときにはおよその価格を自分で計算することができます。
買取業者によってマージンをどれだけ取るかに違いはありますが、およその相場観を調べることは難しくありません。
業者によってはマージンの比率を明示していて明朗会計で取引ができるようになっています。

計算方法については具体例で考えるとよくわかります。
金製品の場合には金相場をまず調べることが必要です。
買取を依頼する日の金相場を市場情報からまず調べます。
金相場として最も信頼性があるのがロコ・ロンドン市場であり、この相場から日本市場での相場に換算w行います。
ロコ・ロンドンなどの世界市場では金はトロイオンスという重量単位で扱われているので、その換算も行わなければなりません。
また、ロコ・ロンドン市場ではドルが使用されているため、円への換算も必要です。
1トロイオンスは31.1035gなので、市場相場÷31.1035×ドル円相場として大まかには計算することができます。
これに取引の際にかかる諸経費として数十円程度がかかりますが、相場価格を概算する上ではこの価格でも問題はありません。
インターネットで検索するとその日の地金価格を調べることもできるため、その値をまず手に入れて日本での相場とすることも可能です。
金相場がわかったら買取を依頼する貴金属の重量を求めて金相場に積算し、その品位に応じた除算を行った価格がマージンを取る前の相場価格です。
K24の場合には純金なので除算をする必要はありませんが、K18なら18/24が金なので0.75を積算したのが金としての価値になります。
プラチナの場合にはプラチナの相場を求めて同様に計算すれば良く、宝石の場合にもそれぞれの世界相場から日本市場での相場を求めれば計算することが可能です。
品位については鑑定書にも記載が行われていますが、ジュエリーなどの場合には本体に刻印されています。
金ならK18、プラチナならPt900といった刻印があるため、それによって品位を確認して計算を行えば相場価格を知ることができます。

マージンの量については業者によって大きく異なりますが、およそ20%から40%を取るようになっています。
そのため、相場価格として計算した価金額に0.6から0.8をかけた値が実際の買取価格になるのが一般的です。
ただし、気をつける必要があるのが貴金属の状態によって査定価格が変動する可能性があるということであり、簡単に手入れを行っておく必要があります。
貴金属はサビなども起こりにくいものが多くて状態が悪くなることはあまりありません。
しかし、査定を行うのは人間なので見た目が悪いと自然に査定価格を下げてしまうことがあります。
見た目の印象を悪くしないようにすることが少しでも高く買い取ってもらえるようにするためには必須です。

貴金属市場は常に変動しているため、いつうるかによって買取価格にも違いが生じます。
売りたいものが決まっている場合にはそのジュエリーなどに含まれている貴金属の量は変化しない貯め、高く売りたいという場合には相場の変動を追ってできるだけ取引価格が高いときに売るのが大切になります。
計算方法がわかっているとしっかりと最後まで計算しなくても注意しておくべき点が明確になるのです。
宝石をあしらった金製品という場合には使っている宝石と金の相場を両方とも加味しなければなりませんが、その場合には個々に計算すれば今が売り時かどうかがわかります。
あくまで概算ではあるものの、相場価格を簡単に計算できるようになっておくのは高額買取を実現するために必須であり、必要に応じて速やかに計算できるように準備するのが大切です。

«
»