貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

貴金属ジュエリーの査定士

貴金属ジュエリーの査定士

貴金属やジュエリーを売却する際、買取業者や質屋には貴金属の査定をする人がいます。
売却した経験のある方はお分かりいただけると思いますが、ルーペを使って貴金属やジュエリーの細部までよく観察し、査定額を決める役割を持っています。
ですから査定士は、貴金属やジュエリーの目利きができなければいけません。
本物か偽物かを見極め、宝石のグレードを判断できなければいけませんね。
さらに、現在の流行りを常に把握し、デザインやブランドなどの需要がどの程度あるのかも知っておく必要があります。

買取業者や質屋など複数件で見積もりを出してもらうと分かりますが、査定額はそれぞれ異なります。
業者によって、ブランドや宝石に関係なく金やプラチナの重量のみで買い取りを行うところもありますし、ブランド品以外は査定が低くなるところもあります。
業者によってそれぞれの分野がありますので、異なることは当然です。

つまり、全ての査定士が同一の査定を行うわけではないということですね。

貴金属ジュエリーの査定士の資格

査定士は、貴金属やジュエリーの専門知識を持ち、正確な査定をすることを求められています。
査定が高くなるのは大歓迎ですが、万が一、正確な査定ができずに査定額が安くなってしまうのは困りますね。
しかし、実は“査定士の資格”というものはありません。
“宝石の鑑定士”という資格をご存知の方は多いでしょう。
この“宝石の鑑定士”は、いわゆる民間資格で、試験を受けて合格すれば鑑定士の資格を取れるものもありますし、一定の講座を受講すれば資格が取れるものもあります。
しかし“査定士”の場合、民間資格という形でも資格を与える機関はありませんし、“査定士”という立場を社会的に確立するものがないのです。

査定士の仕事

貴金属ジュエリーの査定士の仕事は、もちろん貴金属やジュエリーを査定することです。
一般的に査定を行うのは買取業者や質屋などになります。
ですから、商品を持ち込んだお客さんの接客も行わなければいけません。
接客をし、持ち込まれた商品の査定を行い、貴金属やジュエリーの洗浄などもしなければいけない場合もあるでしょう。

特別な資格がない査定士ですから、貴金属やジュエリーに関する知識やスキルは自分で身に付ける必要があります。
目利きと査定と行うためには、しっかりとした知識が必要です。
知識やスキルを身に付けることもまた、査定士の仕事だと言えるでしょう。
『資格は必要ない』ということは“誰でもできる”という捉え方もできますが、知識だけでなく、流行や需要などの情報や扱うノウハウなどが必要になりますので、軽い気持ちで始めると大変な思いをするかもしれませんね。

査定士になりたい方

査定士になることを希望している方は、貴金属やジュエリーに関する知識を身に付けなければいけません。
また、流行に敏感になり、どんなジュエリーが流行っているのか、どのブランドが人気があるのかなど、常に知る努力が必要ですね。
年代や性別によって流行りは異なりますので、それぞれの年代や性別で把握しておく必要があります。
人気のあるものは需要が高く、査定も高くなります。
逆に人気のないものや流行りが終わったものは需要が低く、場合によっては買取できない場合もありますので、きとんと把握しなければいけませんね。

ほとんどの場合、年齢や性別は関係ありませんし、働き方には正社員だけでなくパートやアルバイトという形態もあるでしょう。
元々、貴金属やジュエリーが好きな方であれば、抵抗なく入ることができる職業ではありますが、好きだからこそ査定に好みが反映されることも懸念されます。
査定士には特別な資格がないからこそ、経験者は優遇されるでしょう。

買取業者や質屋、ジュエリーショップなどで求人が出ることがありますので、希望する方は調べてみると良いですね。

«
»