貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

貴金属製品のいろいろ

貴金属とは

貴金属という言葉は日常的に耳にする機会があるでしょう。
しかし貴金属とはどんな金属のことを指しているか、ご存知ですか。
いいえ、貴金属は“貴金属”という金属ではありませんね。
ご存知の通り、貴金属とはある金属類の総称です。

では、その“ある金属類”にはどんな金属が含まれているかご存知でしょうか。
〝金〟〝プラチナ〟〝シルバー〟くらいまでは把握している方も多いでしょう。
貴金属は8元素の金属を指したもので、〝金〟〝プラチナ〟〝シルバー〟〝バラジウム〟〝ロジウム〟〝イジリウム〟〝ルテニウム〝オオミウム〟を指しています。
〝金〟〝プラチナ〟〝シルバー〟〝バラジウム〟などはアクセサリーなどの貴金属製品として商品化されていますので、よく知られているでしょう。
商品化する際には、金やプラチナでは柔らかすぎて傷つきやすく、それだけでは製品にしにくいため、テニウムやイジリウム、パラジウムなどのような硬いものを混ぜて純度を下げて使われています。

貴金属の買取には純度が大きく影響し、それによって価格が大きく異なります。
もちろん純度が高い方が高値で買い取ってもらえます。
ただし、純度が高いものは傷つきやすいというリスクがありますので、硬めの金属が混ぜられていることが多くあります。
金の場合、9金、14金、18金、24金とありますが、24金が最も純度が高く99%以上純金のものです。
18金は75%の純度、14金は58.5%、9金は37.5%となっています。
カラーゴールドは18金の種類となっており、ほかの物質を混ぜることでホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドとなるのです。

金やプラチナが本物であるかどうか、また純度はどのくらいの金なのかを知るためには、製品となったものでも必ず刻印がありますので確認すると良いでしょう。
金の場合は『K24』『K18』『K14』『K9』という表示になっており、プラチナの場合は『Pt900』『Pt1000』という表示です。

貴金属製品のいろいろ

貴金属製品には実に様々なアイテムがあります。
主にアクセサリーが多く、かつては贅沢品として捉えらていた貴金属ですが、近年では生活にも浸透し身近なものとなっています。
貴金属製品も様々あり、種類やアイテムで価値は異なります。
貴金属製品と言えば、指輪やネックレスなどのアクセサリーがポピュラーですね。
・指輪
指輪と言えば、婚約指輪や結婚指輪、ファッションリングなど、非常に幅広い用途があります。
婚約指輪と言えばダイヤモンドを連想する方も多いでしょうし、基本的には宝石がついた指輪となっています。
しかし宝石メインとなっている婚約指輪でも、その土台には金やプラチナの貴金属が使われています。

・ネックレス
ネックレスは首にかけて飾るアクセサリーですね。
ヘッドに宝石があしらわれたものが多くなっていますが、やはり本体のチェーン部分は貴金属です。
金やプラチナなどが使われており、その価値は様々です。

・ブレスレットやアンクレット
ブレスレットは手首に、アンクレットは足首に付けるアクセサリです。
手首や足首を見せる夏になると、ファッションの一環として上手に取り入れられるアイテムで、最近はシルバーのものに人気が集まっているようです。

貴金属はほかにも、医療器具や液晶画面の部品などにも使われており、無くてはならないものとなっています。

貴金属のアレルギー

金属アレルギーがある方にとって、アクセサリーやジュエリーは非常に気を付けなければいけないアイテムでしょう。
知らずに身に付けてしまうと、かぶれや湿疹が発生し、痒みを伴ってジュクジュクになってしまう場合もあります。
しかしそんな中でもプラチナは金属アレルギーの反応が出づらく、指輪やネックレス、ピアスなどでも安心してお使いいただける場合が多いようです。

«
»