貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

フェイクジュエリーとは

ジュエリーとアクセサリー

装飾品のことを“ジュエリー”や“アクセサリー”と言い、両方の言い方が混同しているところがある日本ですが、実はこの2つは別のものです。

“アクセサリー”は、身に付ける装飾品全般を総称したものだと捉えると良いでしょう。
素材がどんなものであったとしても、身に付ける装飾品は全て“アクセサリー”の括りに含まれます。
パンツやスカートを穿く際に、ウエストを留める目的で使用するものを“ベルト”と言いますが、この“ベルト”が装飾を目的としたものであれば“アクセサリー”にも含まれるでしょう。
もちろん指輪やネックレス、ピアスやブレスレットなどに関しては、文句なく“アクセサリー”に含まれます。

では、“ジュエリー”とは、どんなものを指すのでしょうか。
“ジュエリー”は、“アクセサリー”に含まれるもので、宝石が付いたものを指します。
英語で宝石を“jewelry”(ジュエリー)といいますね。
英語では、宝石を使った装飾品を“jewel”(ジュエル)と呼び、“jewelry”(ジュエリー)と“jewel”(ジュエル)は別のものを表しています。
つまり“ジュエリー”と“アクセサリー”の使い分けは、日本特有のものだということです。

日本では、指輪やネックレス、ピアスやブレスレットなどでも、宝石が付いていなければ“アクセサリー”、宝石が付いていれば“ジュエリー”だと覚えましょう。
例えば素材が24金やプラチナだったとしても、宝石が付いていなければ“ジュエリー”には含まれません。

フェイクジュエリーとは

フェイクジュエリーという言葉をご存知でしょうか。
フェイクジュエリーとは、いわゆるイミテーションジュエリー(本物ではない装飾品)のことです。

ご存知のように、宝石には本物と偽物があります。
偽物の宝石を使用した装飾品は、価格が安くお求めやすいため、非常に人気があります。
多くの方が、リアルジュエリー(本物)とフェイクジュエリー(偽物)を上手に使い分けをしています。
人によっては、普段はフェイクジュエリーを使い、結婚式に招待されたときや畏まった席などではリアルジュエリーを使用しています。
また、旅行などに持って行くためにフェイクジュエリーをいくつか持っているという方もいます。

古い時代の欧米では、富裕層の間でリアルジュエリーを金庫にしまっておき、普段つけるために本物そっくりに作った偽物がフェイクジュエリーの始まりです。
イタリアでは15世紀~16世紀ごろには、既にフェイクジュエリーがあったと言われています。
現在フェイクジュエリーは、一流の職人が人造石を使用して精巧なデザインで造り上げたものなどもあり、非常にクオリティの高いものも見られます。

実際、数百万、数千万もするようなリアルジュエリーを毎日普段遣いに付けられるかと言えば、「yes」と答えられる人は極々少数でしょう。
お手頃な価格で存在感のあるジュエリーを付けられるとしたら、それはフェイクであっても女性にとっては嬉しいことです。
毎日のコーディネイトを楽しむためには、フェイクジュエリーの存在は非常に重要なのです。

フェイクジュエリーを選ぶときの注意点

フェイクジュエリーの中には、あまりに作りが粗雑なものがあります。
購入するときには、必ず手に取って確認をする必要がありますね。

フェイクジュエリーを扱うお店はジュエリーショップだけではなく、洋服屋や雑貨屋などでも購入することができます。
購入する際には、お店の方の許可を得て試着をすると良いですね。
安くてお求めやすい価格ですので、つい手軽に購入してしまいがちですが、身に付けるものですので試着はした方が良いでしょう。
商品としてディスプレイされているときと、実際に身に付けたときの印象が異なることもありますので、失敗しないためにも手に取って付けてみましょう。

フェイクジュエリーはおしゃれの幅を広げます。
上手に利用して、おしゃれを楽しみましょう。

«
»