貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

インゴットとは?

インゴットとは?

インゴット、聞き慣れない言葉ですね。
インゴットとは金地金のことで、言わば金塊のことです。
昔から資産として世界中で流通されていたインゴットですが、現在では金投資として世界中で取引されています。
品質が保証された、審査基準をクリアしたもののみが流通しています。

世界共通の価値

金の価値は世界共通です。
しかし重さが同じ金であっても金の純度は様々ですので、純度次第で価値は変わります。
たまに金メッキの偽物が出回ることがありますが、素人に本物と偽物を見極めることは非常に困難です。
ですから、通信販売や訪問販売などで金を購入する際は、十分気を付けなければいけません。

ロンドン貴金属市場協会(LBMA)

金投資に用いられる金地金は、品質が世界的に保証されているものでなければいけません。
品質の保証には、『ロンドン貴金属市場協会(LBMA)』における厳正な審査基準をクリアしなければいけません。
基準をクリアした企業だけがブランドと登録の証を刻印することが許され、世界で流通することができる金地金となるのです。
この刻印が品質や価値を保証し、素人が安心して購入することができる証しだと言えるでしょう。
日本で『ロンドン貴金属市場協会(LBMA)』の審査基準をクリアした金地金はいくつもありますが、中でも三菱ブランドは非常に長い歴史を持っています。

金地金の刻印

刻印には、下記の内容が含まれます。
・商品管理上の連続ナンバーである“金塊番号”
・金地金を製錬した業者の登録マークである“商標”
・重量
・素材
・製錬・分析者マーク
・品位(純度)表示

インゴットの購入方法

上記でも述べましたように、インゴットの偽物が出回ることがあります。
ですから、購入方法は非常に重要です。
では、どのようにインゴットを購入すれば良いのでしょうか。

◆気をつけること◆
第一に気を付けなければいけないことは、やはり“偽物”を掴まされないようにする、ということです。
インゴットを購入する場合は、『ロンドン貴金属市場協会(LBMA)』の審査基準をクリアした証しとして刻印されたインゴットを購入してください。
刻印を確認することはもちろん、信頼できる企業から購入することが重要です。

◆店頭での購入◆
店頭でインゴットを購入する場合、地金商や金属メーカーの直営店が安心です。
直営店の店頭であれば、本物のインゴットや金貨の購入ができ、純金積立や金投資のアドバイスを受けることができます。

◆電話での購入◆
購入方法には、店頭以外で電話で申し込むことが可能です。

①地金商や金属メーカーに直接電話をして申し込む

②代金の振込み

③入金の確認が取れ次第、インゴットが発送される

遠方で店頭で購入できない方には便利なサービスですね。

◆インターネットで純金積立をして購入◆
地金商や金属メーカーの中には“純金積立口座”を開設している企業もあり、インターネットで登録をすればパソコンやスマホから金の購入ができるところもあります。
自分の都合や好きなタイミングで購入することができ、非常に手軽ですので利用しやすいのではないでしょうか。

インゴットの購入は地金商や金属メーカーで

インゴットの購入は、必ず『ロンドン貴金属市場協会(LBMA)』の審査基準をクリアして、その証しが刻印されたインゴットの取り扱いがある地金商や金属メーカーから購入してください。
購入方法としては、インターネットの純金積立がお勧めです。
何度も申し上げますが、実際に偽物を購入させられる例は少ない数だとは言えません。
金投資をする場合にはインターネットで会員登録した上で、店頭や電話などの購入方法も組み合わせてご自身に合った方法で購入しましょう。

«
»