貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ブランド品の貴金属、買取業者の選び方

ブランド品の貴金属を売却するタイミング

ブランド品の貴金属を売却する際、査定価格は未知のものだと覚悟をしてください。
と言うのも、ブランド品に関しては、中古市場で人気のある商品であれば非常に高値が付きますし、人気のないものであれば驚くほどの安値となってしまうからです。
限定品で数に限りがあるものなどでは、定価以上の価格の査定額がつく場合もあります。

つまり、人気があれば高値で買い取りしてもらえるということですので、流行りが終わる前に売却すると良いということです。
稀に、過去に流行ったものが人気を復活させることがあります。

買取業者の選び方

買取業者を選ぶ際、いくつかのポイントを押えることで、安心なお取引を行うことが可能となります。
買取業者の中には悪徳業者も実際に存在しますし、騙されることもあります。
巧妙な手口で最後まで売却した側が気付かないケースが多いため、知らないうちに損をしていたということにもなり兼ねないということです。
買取業者には、それぞれ特色もありますので、良心的な対応で正当な査定をし、なるべく高値で買取してもらえる買取業者を探しましょう。

実績

貴金属の買取に関しては、第一に実績を重視して下さい。
宝石や貴金属の鑑定士がいる買取業者が良いでしょう。
ブランド品の貴金属の場合、金やプラチナや宝石の目利きができればOKというわけにはいきません。
ブランドにも詳しく、もちろん流行も把握している方がいる買取業者でなければいけません。
そこで、貴金属とブランド品のどちらを重視するべきか。
ブランド品の貴金属の場合には、ブランド品の目利きができる人がいた方が良いでしょう。
ブランド品の貴金属はブランドの付加価値があり、純粋に貴金属としての価値だけで査定するものではありません。
ですから、ブランド品の貴金属をただの貴金属として査定されてしまうようなことがあっては困ります。
ブランド品の査定の実績がある買取業者を選びましょう。

対応

サービス面も重要です。
電話やメールの問い合わせに対して、迅速な対応がないようではいけません。
きちんとした対応をすることは、最低ラインだと考えましょう。

見積もり書

大手買取業者や実績のある業者は、ほとんど見積書の作成してくれます。
サービスという点でも見積書は重要ですが、見積もり書を作ってくれない業者は査定額に自信がなかったり、最悪の場合では査定にサバを読んでいることもあります。
ですから、「必要ないからいらない」と思っていても、見積書を作成してくれる業者を選びましょう。

目の前で査定

裏のバックヤードに引っ込んで査定をするような業者は信用できません。
査定はあくまでも持ち込みをした客目の前で行うのがマナーです。
悪質なところでは、裏で別のものとすり替えたり、正当な査定をせずに安く買い叩くところもあります。
安心して査定をしてもらうためにも、客の目の前で商品を観察し査定する業者を選びましょう。

手数料

手数料はほとんどの業者で、客の了承を得た上で買取価格から差し引く形で徴収します。
その割合いは業者によって異なります。
手数料は買取業者の利益ですので、支払って当然ではありますが、『査定は安い、手数料は高い』ということにならないよう。
良心的に、ネットなどで手数料が明記されている業者を選びましょう。

信頼

買取業者を選ぶのは簡単なことではありません。
今は買取業者の数も多く、選ぶ基準に悩む場合もあるでしょう。

・きちんとした対応
・見積書の作成
・ブランドのプラス査定
・目の前で査定
・手数料の金額

これらのチェック項目を見て分かることは、『最低限の対応』と『客に対するサービス』を重視するべきだということです。
信頼できる業者は、きちんとした対応ができる業者です。
「信頼できない」と感じたら、もちろん買い取りをお断りしても良いのです。
後悔しないためにも、買取業者はよく見極めて決めましょう。

«
»