貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

金・シルバー・プラチナの本物の見分け方

金・シルバー・プラチナの本物と偽物

金・シルバー・プラチナを見分けるには、基本的には刻印で判断します。
指輪の場合には、裏側に刻印されているのが確認できるでしょう。
また、ネックレスやブレスレットの場合には、留め具部分に刻印があるのが一般的です。
まず刻印を確認し、どこにもない場合には偽物である可能性があります。

ただし、刻印の意味が分からなければ、本物か偽物かの判断はできません。
例えば、金メッキの場合には金メッキを表す刻印がされていますし、場合によっては正式ではないデタラメな刻印がされている場合もあります。
偽物の貴金属を購入した場合、故意に本物として売っていたものを騙されて買ってしまった場合は詐欺となる可能性がありますが、買った本人が確認せずに勝手に勘違いして購入した場合には『騙された』と認められないこともあります。
海外では非常に多いので、気を付けなければいけません。

本物ではない刻印

刻印の中には、メッキを表す表示もあります。

・『PF』『GF』『GP』
『PF』『GF』『GP』は、メッキを表すものです。
例えば、K18GPのように、貴金属を表す表示の後ろに『PF』『GF』『GP』が付いている場合には、メッキだということを表しています。

・Pt100
『Pt100』の表示を見て、プラチナだと勘違いする方がいます。
純度100%のプラチナは“Pt1000”と表し、“Pt1000”と刻印されます。
『Pt100』という表示は貴金属にはありませんので、騙されてはいけません。

・様々な偽造刻印
海外で購入した貴金属の中には、非常に多くの偽物があります。
日本ではあり得ないような偽造刻印が多く、18金ではないのに『K18』と刻印をするなど、虚偽の刻印に騙されて購入してしまう日本人が非常に多くなっていますので、気を付けましょう。
海外で貴金属を購入する場合には、信用のおける老舗のジュエリーショップやブランド店で購入することをお勧めします。

刻印の種類

偽物を購入することがないよう、貴金属の正確な刻印を覚えましょう。

・金
K24 = 純金99.9%
K22 = 純金91.7%
K18 = 純金75%
K14 = 純金58.3%

尚、K22・K18・K14に関しては、純金以外に別の物質を混ぜ合わせています。

・プラチナ
PT1000 = 純度100%
Pt950  = 純度95%
Pt900  = 純度90%
Pt850  = 純度85%

尚、Pt850未満のプラチナは、規定によりジュエリーとして販売することができません。

・シルバー
SV1000 = 純度100%
SV925  = 純度92.5%

尚、一般的にはSV925が製品として使われることが多く、純度90%以下のものはほとんど使われていません。

知識と経験

上記のような見極め方がありますが、実際には貴金属をよく知っている方の場合には、知識と経験がものを言います。
本物に触れ、使用し、好んでいる方であれば、手にしたときの重さや硬さなどで、本物と偽物を見極めることができるようになります。

例えば、金メッキのものと本物の金のものがあった場合、パッと見では判断が付かないかもしれませんが、手に取ってみるとその重さの違いや感触で本物か偽物かが分かるでしょう。
さらに、触れたときの温度の違いは、意外なほど明確です。
貴金属には一瞬の冷たさを感じることができますので、手に取った瞬間に違いを感じることができるでしょう。
ただし、判断できるようになるには、知識とある程度の経験が必要です。
ですから貴金属店長年に勤めている方や、質屋などの買取業者の方などは、手に取った瞬間に本物か偽物かが分かると言います。
ご自身で判断できない場合には、貴金属店などの専門家に鑑定してもらうと良いでしょう。

«