貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

ピンクゴールドの結婚指輪

ピンクゴールドとは

ピンクゴールドは、ホワイトゴールドやイエローゴールドと並ぶカラーゴールドです。
ピンクがかった金色のピンクゴールドは、純金に銅を混ぜ合わせて色味を出した金です。
純金の割り合いが75%という場合が多く、この割り合いの場合には『K18』と言うことになりますので『K18PG』という刻印がされています。

近年、ピンクゴールドを好む女性が増え、非常にニーズが高まっています。
人気の秘密は、日本人の肌に馴染みやすい色味で、着けるだけで美肌に見せる効果があることが挙げられます。
ですから年齢問わず、若い女性から大人の女性まで幅広い年齢層に人気があるようです。

ピンクゴールドの結婚指輪

結婚指輪と言えば、人気第一位の素材はプラチナです。
これは不動の一位と言われており、長年変わることはありませんでした。

ただし、最近では結婚指輪にピンクゴールドを使用するケースが増えています。
これまででは考えられなかったことです。
近年、結婚指輪はプラチナかホワイトゴールド、一昔前には金が流行った時代もありましたし、プラチナと金のコンビは現在も多くの方が好んでいます。
しかしピンクゴールドを結婚指輪に使うということは、これまであまりないことでした。

最近では、「長く付け続ける結婚指輪こそピンクゴールドがいい!」という女性が増え、結婚指輪にピンクゴールドが登場したというわけです。
とは言え、やはり多くはプラチナやホワイトゴールドの白金色ですので、周りと差を付けたい方にはピンクゴールドがオススメです!

ピンクゴールドで気を付けること

上記でも述べたように、ピンクゴールドには銅が混ぜ込まれています。
金は変色することや劣化することがない物質ですが、銅はそうもいきません。
汗や皮脂、温泉などに反応し、変色することがありますので、布で拭いたり洗浄するなどの手入れが必要です。
指輪だけでなく、ネックレスやピアスなど、ピンクゴールドの製品は気を付けて扱わなければいけませんね。

金としての希少価値

日本人はプラチナを好む傾向にありますが、その理由の一つに“希少性”を上げる方が多くなっています。
確かにプラチナは1トンの原鉱石から3g程度しか採取できないと言われていますが、金も1トンからは5g程度しか採取することができません。
さらに、地球上で採掘できる金の埋蔵量は、持ってあと20~30年だと言われています。
ですから、さらに金の希少価値が高くなることが考えられます。

また、ピンクゴールドだけでなくホワイトゴールドやイエローゴールドなど、カラーバリエーションも豊富で、色を作り出すことができるのも大きな特徴ですね。
金は柔らかく、ほかの物質と混ざりやすい性質を持っているため、様々なカラーゴールドを作ることを可能としているのです。

コストパフォーマンス

ピンクゴールドは純金の割合から言って『K18』ですので、純金『K24』やプラチナと比較すると安価で購入しやすいでしょう。
デザインなどによって価格差はありますが、結婚指輪の素材としては第一位のプラチナよりは、確実に価格が低くなります。
以前は、結婚を記念して購入する結婚指輪に関しては、「ちょっと贅沢をして」や「せっかくの機会だから」という基準で高価なプラチナが好まれてきましたが、予算内の贅沢として金が好まれるようになり、さらにピンクゴールドの人気が高まってきました。

色の相性

プラチナの人気の高さには、肌馴染みの良さだけではなく、ダイヤモンドとの相性の良さが関係しています。
しかし色味の異なるピンクゴールドは、やはり肌馴染みが良く美肌に見せる効果があり、さらにダイヤモンドとの相性も非常に良いです。
プラチナの気品に対して、ピンクゴールドは愛らしさ可愛らしさを演出します。

«
»