貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

イエローゴールドの魅力

イエローゴールドと金の違い

イエローゴールドという名前を聞いたことがあるでしょう。
イエローゴールドとは、一体何なのでしょうか。

イエローゴールドは金の一種で『K18YG』と表記します。
見た目には、イエローゴールドも金に見えることがあるかもしれませんが、純金に比べて黄色みが強く金属の配合も異なるため、金とは区別した名前となっています。

K24とK18の違い

金には『K24』や『K18』がありますが、これは金に含まれる純金の量の割合で、『K24』が100%純金ということになります。
金の割合で色にも違いがあり、純金100%の『K24』純金75%の『K18』と、数字が小さくなるほど金の割り合いが少なくなります。
価格は金の割り合いが最も多い『K24』が高額で、割り合いが少ないほど価格も下がります。

イエローゴールドは、純金75%、銀12.5%と銅12.5%が入っているため、純金の割合としては『K18』と同様です。
ただし、混ぜ込む物質の色合いから『K18』の色よりも黄色みが強くなり、並べてみると違いが明確に分かります。
また、ピンクゴールドは銅の割合を多く、ホワイトゴールドはパラジウムを混ぜて白くなったものを指します。

K18の変色

純金である『K24』は、ほとんど変色することがありません。
ただし、『K18』は純金に別の物質を25%混ぜており、変色しやすい銅を使っていることからきちんと手入れをしなければ変色することもあります。
変色は、イエローゴールドの場合は黄色が強くなり、ピンクゴールドの場合は赤くなります。

純金は柔らかい金属ですので、少しのことで傷ついたり損傷することがあります。
ですから、せっかくのデザインが変形してしまうこともあり、アクセサリーとしては不向きな点があると言えます。
その点『K18』は硬度も高く、アクセサリーとしては最適です。
よく手入れをして、変色しないように気を付けながら大事に使いましょう。

ジュエリーとしてのイエローゴールド

イエローゴールドはジュエリーに最適の色味を持ち、指輪やネックレスなど多くのものに使われています。
特に日本人の肌に馴染みの良い色味ですので、ネックレスなどは非常に良く映えます。
また、非常に上品で女性らしさを持つイエローゴールドは、カラーゴールドの中でも人気が高く、ピンクゴールドやホワイトゴールドを押えてトップの人気を誇っています。
ですから、イエローゴールドは独自の市場を持っていると言っても過言ではなく、ジュエリーショップなどでも数多くの品揃えを用意しています。
肌に映える色味は、特別な場所だけでなく普段遣いにも向いています。
Tシャツ1枚のスタイルがイエローゴールドのジュエリーで女性らしくなり、非常にオシャレな印象に変わるでしょう。

イエローゴールドの買取

イエローゴールドのアクセサリーを売却する場合、[売却当日のイエローゴールドの相場価格×イエローゴールドの重量+宝石やブランド]という計算になります。
宝石が付いている場合やブランド品の場合にはその分も査定されますが、金買取業者ではイエローゴールド以外の部分に関して価格を付けることがありません。
ですから、ダイヤモンドが付いていても、高級有名ブランドであっても、イエローゴールドそのものの重量のみで相場価格から価格を算出することになります。
宝石やブランド品の場合は、金買取業者では納得できない価格になることもあるでしょう。
逆に、シンプルなノンブランドのイエローゴールドのチェーンネックレスや指輪の場合には、金買取業者の方が高い査定額となるかもしれません。
イエローゴールドを売却する際には、いくつかの買取業者で見積もりを出してもらい、納得できる査定額の業者を選ぶと良いですね。

«
»