貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

金製品の本物と偽物

フェイクジュエリー

宝石や貴金属などには、フェイクジュエリーと言って偽物であることを前提に販売しているものがあります。
毛皮にフェイクファーがありますが、高額で手が出ないものでも、フェイクであれば安価で購入することが可能である点が大きな魅力です。
このようにフェイクであることを前提にし、それを分かった上で購入する場合には全く問題はありません。

ただし、昨今増えている手の込んだ金製品の偽物は、フェイクとしてではなくあくまでも“本物”として売られているため、非常に悪質だと言えます。

巧妙な偽物

金製品の偽物には、実に様々なものがあります。
偽物には、大きく分けて『金メッキ』のものと『刻印と物質が一致しない』ものの2種類があります。

・金メッキ製品の虚偽の刻印
金の純度を表す表示は“K24”や“K18”などがあります。
これが金メッキの場合、“K18GP”という風に『GP』が追加されるのです。
しかし金メッキであるにも関わらず“K18”などと金製品に見せかけた虚偽の表示をしているものがあります。
素材は比重が金に近い『タングステン』である場合が多く、その上に金メッキを施しているのです。
また、中にはタングステンに金色の銅メッキを施し、全く金を使用していないのに“K18”などの刻印がされているものもあります。

・金以外の素材を部分的に使用
ジュエリーに見られるケースとして、金の刻印があって実際に金を使用されているものであっても、留め金や繋ぎのマルカンなど細かい部分に金以外の素材を使用しているものがあります。

・純度の詐称
実際に使われている金の純度と表記されている純度が異なるものがあります。
“K18”の表示であるにも関わらず、実際には“K10”の素材である場合など、虚偽の表示をしているケースです。

偽物であっても、ショップの照明の下で見るととてもキレイに見え、違和感を感じない場合が多いようです。
実際には、使用しているうちにメッキが剥げるなど、違和感を感じることがあるでしょう。

金製品の本物と偽物

金製品が本物か偽物かを見極めるには、まず疑ってみることが必要ですね。
「ちゃんとしたお店で売ってるものだから、本物に決まってる!」という思い込みが騙される最も大きい要因です。
本物であることを確認できる鑑定力を持ちましょう。

・磁石を付ける
金に磁石がくっつくことはありません。
もしも磁石にくっつくことがあれば、それは間違いなく偽物です。
ただし、銀や錫など磁石にくっつかない金属はほかにもありますので、判別には決め手が弱い方法だと言えますね。

・刻印
第一に確認しなければいけないものとして『刻印』があります。
金製の純度を表す単位は『カラット=K』で、表記としては『K24』『K18』『K14』という風になります。
また、混合物で色味を変化させたホワイトゴールドは『K18WG』、ピンクゴールドは『K18PG』という刻印になります。
金メッキの場合には、『K18GP』と“Gold Plated(ゴールドプレーテッド)”を略したと“GP”が付きます。

ただし、上記で述べた通り、この刻印さえも虚偽である場合があります。

・金の色味
金は純度によって色味の違いがあります。
本物と偽物を区別する一つの方法として、色味の違いがあります。
純金であるK24は最も色味が濃く、オレンジ色に近い山吹色をしています。
純度が下がれば色味が薄くなり、オレンジ色が黄色っぽくなっていき、K10になると銅の含有率が増えて色味が暗くなります。
もしも本物をお持ちの場合は、色味を比較すると良いですね。

上記のいくつかの方法を試して、本物か偽物かを判断すると良いでしょう。
また、ショップで「偽物かもしれない」と思ったものは買わないことです。
「デザインが気に入っているから、偽物でもいい」と思うこともあるかもしれませんが、そうした行動が偽物の金製品を増加させる原因の一つとなっています。
「おかしい」と思ったら、買わないこと!
気を付けましょう。

«
»