貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

貴金属・ジュエリーの査定基準

貴金属・ジュエリーの査定基準

貴金属やジュエリーの査定基準は、ブランド品かノンブランドかで大きな差が生まれます。
ブランド品とノンブランドとでは、査定基準が全く異なります。

・ブランドジュエリーの場合
ブランドジュエリーは、中古市場で査定価格が変わります。
元の値段がどんなに高価なものであったとしても、人気のない商品であれば安くなってしまいますし、人気のある商品であれば高く売れるでしょう。
限定品などで人気が高く、なかなか手に入らない商品では、査定価格が元の価格より高くなる場合もあります。
また、商品の箱や保証書があれば、さらに査定価格は高くなります。
ほかにも、傷や欠けなども査定基準になります。
貴金属もジュエリーも、なるべくキレイな状態で査定してもらうと良いでしょう。
購入時の状態により近いほど査定価格は高くなります。

・ノンブランドジュエリーの場合
ノンブランドジュエリーは、宝石の種類、状態、クオリティ、使われている金やプラチナなどの種類と重さなどで査定されます。
アクセサリーとしての価値はなく、素材の価値が鑑定士によって査定されます。

貴金属の中でも金やプラチナは純度で査定額が上下し、純度100%の金K24は査定価格が高くなります。
数値が小さくなるほど純度は下がり、純度が低いものは安くなります。
プラチナはPt1000が純度100%で、純度が下がれば数値が小さくなり、査定価格も安くなります。
純度を示す数値はアクセサリーに『K24』や『Pt1000』のように刻印されています。
ただし、買取業者によっては、測定器などを使って本物であることを確認するところもあります。

ダイヤモンドのグレード

ダイヤモンドジュエリーの場合、査定価格はダイヤモンドのグレードによって大きく差がつきます。
ダイヤモンドのグレードは『4C』で決まり、さらに鑑定書があれば尚良いですね。
(『4K』=カラー(色)カラット(重量)クラリティ(透明度)カット(プロポーション))
ダイヤモンドは相場も一定しているため、ダイヤモンドのグレードが査定基準になることは多いようです。

カラー宝石の査定

ダイヤモンドと異なり、エメラルドやサファイヤ、ルビーなどのカラー宝石については相場が存在しません。
ですから査定基準はなく、偽物との区別を付けることが困難で、価格が付きにくくなっています。
買取業者側としては、万が一にも偽物を本物と間違えて買い取ってしまうことは避けたいのです。
ですから価値がないものとして査定価格が安くなってしまうこともありますし、鑑定士の好みや感性では高いものとして評価されることもあります。
カラー宝石の査定は一定ではないため、査定してもらうところによって異なります。

査定してもらう場所

貴金属やジュエリーの査定をしてもらうには、売却することを前提に依頼しなければいけないのでしょうか。
そんなことはありません。
貴金属やジュエリーの査定は、買取業者以外でも行っていると所はあります。
貴金属の取り扱いをしているジュエリーショップの中には、買取業務を行っていなくても査定をしてくれるお店はあります。
また、貴金属の買取だけで宝石の買取はしていないというところもありますので、そのような場合には宝石が0円になってしまうこともありますので気を付けましょう。

高額買い取りをしてもらうには

ブランドジュエリーの場合は、何と言っても中古市場の人気次第です。
人気ブランドであること。
人気商品であること。
この2つの要素が揃えば、高価買取をしてもらうことができるでしょう。
ノンブランドジュエリーの場合は、金やプラチナの価格が高騰している時期に売却すると良いでしょう。
また、ダイヤモンドの価格は一定しているため時期を考える必要はありませんが、カラー宝石は流行色にい高額査定が期待できます。

«
»