貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

イヤリングの買取査定

使わなくなったイヤリング

イヤリングは、片方だけになってしまうことがよくありますね。
ジュエリーボックスの中にもう2度と使われることのない、片方だけのイヤリングは眠っていませんか。
現在、人気の高いブランド品のイヤリングであったとしても、片方だけではイヤリングとしての価値は低いでしょう。
しかし諦める必要はありません。
片方だけしか残っていないイヤリングであっても、金やプラチナであれば貴金属専門の買取業者で換金することができるでしょう。

また、両方揃っているイヤリングであっても、古くて需要がなさそうなものや、人気があり過ぎて数が溢れているものなどは、同様に貴金属専門の買取業者で換金することをお勧めします。

イヤリングの査定基準

イヤリングの査定基準は2つあると考えましょう。
一つは『地金の価値』、もう一つは『ブランドやデザイン』です。

『地金の価値』としては、使用済のイヤリングも買取対象となり、地金の相場価格で査定されます。
イヤリングはボリュームが大きいデザインも多く、デザインや流行に関係なく思った以上の金額て買い取ってもらえることが多いようです。

また、『ブランドやデザイン』が査定基準となる商品には、未使用の新品であることが条件となっていることが多いようです。
頂き物などで、あまり好みではないイヤリングをもらった場合には、身に付けずにケースや保証書を付けたまま売却すると良いですね。

こういう場合でも買い取りはできる

・汚れ
地金の相場価格で査定する際、業者は汚れが付着したイヤリングでも全く問題なく買取をします。
しかしフリマやオークションではそうはいきません。
イヤリングでなくても、汚れがある状態のアクセサリーを売ることは非常に難しいでしょう。
汚れたイヤリングは、潔癖症でなくても敬遠したくなります。
取れない汚れが付いている場合には、リユースとして売却することは諦めた方が良いですね。

・片方だけ
イヤリングは片方だけが残っている場合がよくありますが、片方だけであっても地金の相場価格で査定する場合には、問題なく買取をしてもらうことができます。
リユースとして売却することは、できないでしょう。

・留め具が壊れている
上記と同様に、使用目的ではない地金の相場価格での査定では、留め具が壊れていることが影響することはありません。
全く問題なく買取してもらうことができるでしょう。

リユースとしての買取

きちんと両方が揃ったイヤリングで、破損や取れない汚れなどがない場合には、リユースとしての売却も可能な場合があります。
ただし、宝石が付いていたり人気のブランド品でもない限り、金の相場価格よりも高い査定価格が付くのは難しいでしょう。
イヤリングは耳に直接着けるものですので、少しの汚れも不衛生に感じられます。
手入れもしないで保管していた場合には、特に気を付けて観てください。

・濡れコットンで拭き取る
使用したイヤリングには皮脂や汗が付着しています。
濡らして固く絞ったコットンで全体を拭き取り、汚れをしっかり取り去りましょう。
アルコールで拭き取る場合には、宝石に付かないように気を付けて拭き取りして下さい。

・ジュエリー専門の布で拭く
ジュエリー専門の布がありますので、磨くように拭いてください。
それ以外の布で拭いた場合、繊維が挟まる場合があります。

・ケースに入れる
紛失を防ぎ、埃を防ぐためにも、常にケースに入れて保管しましょう。
使用するたびに必ずケースに戻すと良いですね。
・洗浄する
酷い汚れが付いている場合には、ぬるま湯に少量の中性洗剤を溶かしたて、その中でイヤリングを洗ってください。
すすぎをしっかり行い、水分をきちんと拭き取りましょう。
湿り気が取れない場合には、ドライヤーの風を当てて乾燥させると良いですね。

«
»