貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

金の資産価値

金投資の特徴

金投資は、金そのものの価値が上下することで利益が生まれる投資です。
簡単に言うと、「安く買って、高く売る」という方法で利益を獲得することができます。
金投資として短期で売買を繰り返し、細かく利益を獲得することもできますし、貯金のように、長期で保有して有事の際に換金するということも可能です。

実物資産としての金

金は実物資産です。
債権や株式は発行元の会社が潰れてしまうと、その券はただの紙くずとなってしまいます。
しかし金は腐敗などの劣化をすることもありませんし、消えてなくなったり、いきなりゴミになってしまうこともありません。
ある価値を保つことができる“実物資産”ですので、信用リスクがありません。
世界情勢や政治経済などの影響で価格が下がることはありますが、ゼロになることは絶対にありませんので安全資産として保有することができます。

金の価格は世界中どこでも同じで、世界共通の『マネー』であると言われています。
換金性が高く、信用力のある金は、古い時代から世界中の人々に愛されてきたのです。

インフレに強い金

インフレになると通貨の価値は目減りしますが、インフレに強い金は価格が上がります。
例えば、物価上昇で紙幣価値が下がるインフレになって通貨の価値が目減りしたとしても、金は価格が上昇します。
実物資産である金は、インフレヘッジとして購入される傾向にあるのです。
逆に、物価が下がってデフレになり、経済への信用不安が起こった場合、金の価値は消滅しませんが価値が上昇することもなく、デフレに沿って価値が下落します。
物価が上昇すれば通貨の価値が下がり、リーマンショック以降は他の資産の値下がりとは対照的に金は値上がりを続け、そのことで金がほかの資産と別の流れにあることが注目されています。
債権や株式投資以外に金投資を取り入れる動きが広がり、機関投資家や新興国の中央銀行も金の保有をしています。
ただし、インフレ対策に各国が利上げをすることで、金利が発生する金融商品の運用が有利になるため、金は購入されなくなる傾向にあります。

有事に強い金

リーマンショック、サブプライムローン問題など、金融不安は世界中の投資環境を悪化させて、株式や通貨の価値を大きく変動させました。
金は、災害や戦争、テロなど、不安材料となることが起こると価格が上昇する傾向にあります。
アメリカテロ事件の際には、前後1年で価格が20%上昇しました。
また、株安や低金利の場合にも、金の人気が高くなるため価格は上昇し、株式投資を行っている人などのリスクヘッジとして利用されることもあります。

世界経済が低迷し、信用不安が高まってくると、多くの投資家はリスク回避を望みます。
ですから金は政治経済が不安定になっても影響を受けにくく、安全資産として需要が高まり、有事には金価格の上昇を見ることができます。

金投資のリスク

金投資にも、投資なりのリスクはあります。

・金利上昇リスク
金には発行元がいないため、利子や配当金がありません。
預貯金には利子が付き、株には配当がありますが、金には保管のための手間と費用がかかってしまいます。

・価格変動リスク
金は需要関係で価格が決定されるため、元本の保証はありません。
つまり場合によっては元本割れをすることもあり、株式投資などと同様に、必ずしも利益を上げるとは限らないということです。

・為替変動リスク
日本は金の輸入国なので、円高ドル安になれば金価格は下がりますし、円安ドル高になれば上昇します。
つまり金の国内価格は、金価格の変動だけでなく為替相場も影響するという事です。
ですから価格変動は非常に複雑なものとなります。

・盗難リスク
購入した金は、当然ですが自分の責任で保管することになります。
手元で保管することは非常に危険ですし、盗難被害に遭う恐れもあります。
また災害に遭った場合に備える必要もありますね。
盗難などに備えて保険に加入したり、銀行の貸金庫に保管するなど、費用は掛かってもより安全な保管方法を選択する必要があるでしょう。

«
»