貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

シルバーの特徴

925って何?

非常に人気の高いシルバーアクセサリーですが、使われている銀には〝925〟という刻印があります。
この〝925〟の刻印の意味は、92.5%純銀だということを表しています。
92.5%純銀は、アクセサリーとしては最も高い純度になっており、非常に柔らかい性質を持っているシルバーは100%純銀では加工は難しいとされています。
稀に100%純銀のものもありますが、ほとんど目にすることはありません。

925合金をシルバーのアクセサリーとして使うことは今では当たり前のことで、法律上でも92.5%の合金を純銀として扱うことが許されています。
残りの7.5%は強度を増すために銅などの物質を混ぜ合わせ、純銀として扱われています。
925は“スターリングシルバー”と呼ばれ、シルバーアクセサリーの主流となっています。

925以外の銀

925以外の銀もいくつかの種類があります。
・銀100%の1000は純銀
・銀95%の950はブリタニアまたは五分落ち
・銀90%の900はコインシルバー
・銀80%の800

シルバーが黒くなるのは?

シルバーを着けたまま温泉に入ったり、しばらく着けずに放置してたら、シルバーが真っ黒になっていた!
という経験はありませんか。
シルバーが黒くなることを「錆びた」「酸化した」と思っている方が多いようですが、実はこの現象は酸化や錆びではなく〝硫化〟という反応です。
硫化とは硫黄成分にシルバーが反応し黒く変色することで、温泉や空気中の硫黄成分、汗などに反応したものです。
また、紙の中にはシルバーを黒くするものもありますし、ゴム製品にも硫黄成分が含まれていますので、近くに置かないようにした方が良いですね。

ただし、この黒ずみをいぶし銀としてデザインに取り込み、いぶし銀のアクセサリーとして楽しむ場合があります。
敢えてこの黒ずみを作るのは簡単です。

①硫黄成分入りの入浴剤を熱湯に入れます。
②シルバーが黒くなるまで数十秒、①の中にシルバーを浸けます。
③凸部分を研磨し、凹部分の黒ずみを残します。

注意点として、長く浸けていると研磨しても黒ずみが取れない場合がありますので、様子を見て数十秒で取り出しましょう。

黒ずみを直す方法

シルバーが黒ずんでしまったら、シルバーダスターで磨くと黒ずみは取れます。
ほかにも、布に少量の歯磨き粉を絞り出して馴染ませてシルバーを磨くと、黒住が取れます。
ただし、粒子の混ざった歯磨き粉や特殊素材のものは避けましょう。

シルバーとアレルギー

アレルギーを起こしにくい貴金属として、プラチナや金が有名ですね。
シルバーはアレルギーを起こしやすい物質だと思っている方が多いようですが、実はアレルギーを〝起こしにくい〟物質です。
アレルギーを起こしやすいと思われている背景には、シルバーの硬度を高くするために混ぜられたほかの物質が原因となっている場合が多いようです。
シルバーは上記でも述べましたが、ほかの物質と混ぜ合わせて合金として使用するため、混ぜた物質がアレルゲンとなる場合があるのです。
シルバー925は、92.5%のシルバーと7.5%の銅でできていますので、この“銅”がアレルギーの原因となります。

指によって異なる指輪の意味

指輪を付ける際、それぞれの指には意味があります。

左手は主にその意味を受け入れ、右手はその意味を発揮します。

・親指=自己主張や権力
左手・・・・・自分の意志を明確にし、自分らしさを貫く力を得る。
右手・・・・・指導者として相手よりも上に立つ力を発揮する。

・人差し指=願い事、夢
左手・・・・・言いたいことややりたいことが現実になる。
右手・・・・・仕事や夢に向かって能力を発揮する。

・中指=直感や対人関係
左手・・・・・恨みや悪事から逃れ、対人関係を良好にする。
右手・・・・・直感を鋭くし、悪事から逃げられる。

・薬指=愛情や創造性
左手・・・・・豊かな創造性、愛情を育む力を得る。
右手・・・・・創造力や想像力を発揮し、愛情を伝える力が生まれる。

・小指=お守り、自己アピール
左手・・・・・愛情のお守り。
右手・・・・・自分の魅力を引き出し、自信がつく。

«
»