貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

地金型金貨の種類

地金型金貨とは

金貨には“収集型金貨”と“地金型金貨”の2種類あり、収集型金貨には明確な価格はなく、骨董価値や希少価値など、収集する人の好みなどで金地金よりも高額で売買されることが多い金貨のことです。
地金型金貨は、金地金の時価に付加された加工や装飾の分が加算された時価で売買されています。
この加算された上乗せ分を『プレミアム』と言い、プレミアムは発行国の造幣局が金貨を製造する際の費用、輸送費、諸経費などを合わせた費用で決定されます。

地金型金貨の種類

現在、世界で出回っている地金型金貨の代表的なものは下記となります。

・カナダ = メイプルリーフ金貨
・南アフリカ共和国 = クルーガーランド金貨
・中華人民共和国 = パンダ金貨
・オーストラリア = カンガルー金貨 *別名ナゲット金貨
・アメリカ合衆国 = イーグル金貨
・アメリカ合衆国 = バッファロー金貨
・イギリス = ブリタニア金貨
・オーストリア = ウィーン金貨

など。

日本では、カナダのメープルリーフ金貨が非常に多く出回っており、人気の高い金貨となっています。
メープルリーフ金貨は優れた鋳造技術を持つカナダ王室造幣局が発行したもので、品位を保証した法定通貨です。
安定した供給量もあるため、本物志向の収集家にも人気があります。
コインの形をしていますが、カナダ政府の保証があり鑑定が不要となっているため、事実上は地金と同様、世界共通の公正な市場価格で換金することができます。

地金型金貨は、重さごとに4種類あります。
・1トロイオンス(約31.1g)
・1/2トロイオンス(約15.5g)
・1/4トロイオンス(約7.8g)
・1/10トロイオンス(約3.1g)

地金型金貨の特徴

地金型金貨は、金地金を購入する時のバーチャージが掛かりません。
ですから、金をまとめて500g以上購入する場合は金地金、少量の購入は地金型金貨が向いています。

また、地金型金貨はサイズが小さいため、一枚一枚購入すると金地金よりも少額購入が可能となります。
地金型金貨の売買は利便性もよく信頼性も高いため、簡単で手軽な投資対象となります。
一定額で分けて購入すれば、ドルコスト平均法となるためリスクも少なくなります。

しかし、地金型金貨は加工が施されるため、金地金よりもスプレッドが大きくなり、金額は数百円程度です。
金貨が大きいほどスプレッドが小さくなるため、小さい金貨を複数枚購入するより、大きい金貨を一枚購入した方が安価で購入することができます。

また、傷や損傷があると売れなくなる場合がありますし、売れたとしても非常に安くなってしまいます。
傷がつくとプレミアムが失われるため、金地金だけの金額になり、価値が下がってしまうのです。
傷、汚れ、変形などが激しく、再販不能になってしまった場合、プレミアムなしの地金再生価格で買取となってしまいます。
プレミアムの損失や為替変動などで、国内の金価格が下落すると元本割れをすることもあります。

地金型金貨の購入

地金型金貨の購入は、貴金属店やデパート、銀行、コインショップなど、様々なところで簡単に行うことができます。
面倒な手続きはなく、通常の買い物同様に消費税がかかります。
また、売却時にも消費税を上乗せした金額で売却します。

古い金貨

古い金貨の場合、その価値はどのように評価されるのでしょうか。
ほとんどの場合、状態がよく損傷や傷、汚れがなければ、金の重量にプレミアがついた価格で査定されるでしょう。
ただし、状態が悪く、損傷や傷などがある場合には、金地金再生価格となってしまいます。
ですから、購入時よりも金価格が下落していれば損をしますし、金価格が上がっていれば得をすることになります。
現在、金の高騰が続いていますので、売却には良い時期だと言えるかもしれませんね。

«
»