貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

金の純度

金の価値

ジュエリーとして愛され、資産としての価値も高く、古い時代から愛されてきた金は、身近でよく知られた素材ですね。
しかし身近でありながら、純度や刻印の正確な意味を知らない人は多いようです。
刻印で示されるものは金の“純度”で、純度は金の価値を決定する基準の一つとなります。

“K”の意味

金には“K18”や“K24”などの刻印がされています。
この『K』とは何のことでしょうか。
“K18”や“K24”などの『K』は『Karat(カラット)』の頭文字で純度の単位で、数字は純度の程度を示します。
カラットと言えば、宝石の重量の単位である『Carat(カラット)』を思い出す方が多いでしょう。
宝石の重量は『C』、金の純度は『K』で表します。

金の純度

金の純度は、金の含有率のことでその製品の金の割り合いを示します。
純金は非常に柔らかい物質ですので、それだけでジュエリーやアクセサリーを造ることはあまりありません。
ほとんどの場合、金にほかの硬い物質を混ぜ合わせてある程度の硬さにして、ジュエリーやアクセサリーに加工されるのです。

金の純度は24分率で示され、純度100%(99.99%)の純金は『K24』ということです。
K1=4.17%で、K18=金の含有率が75%となります。
ただし、その割合を表す単位は、100分率の『%(パーセント)』ではなく、1000分率の『‰(パーミル)』となります。

純金で使用しない理由

美しさという観点からは、純度の高い金が最も優れています。
しかしジュエリーなど製品化する際には、わざわざほかの金属と混ぜ合わせて使われています。

一つに、純金の柔らかさや耐熱性が低い点が加工に向かず、型崩れや傷などの原因となることが挙げられます。
また、金の特徴として、ほかの金属と混ざりやすいという点が、合金として使用することにも向いていると言えますね。
混ぜ合わせる金属の種類や割合で、ピンクゴールドやホワイトゴールドなどのカラーゴールドを作ることもできます。

純度による特徴

金やプラチナは、純度100%のものでは柔らかすぎて装飾品として使用するのは困難です。
ですから、ジュエリーやアクセサリーとして使用するときには、硬めの物質を混ぜてある程度の硬度を持たせます。
その純度が素材の刻印として表示されます。

貴金属の純度は、‰(パーミル)という単位で示します。
%(パーセント)が100分率であるのに対して、‰(パーミル)は1000分率です。
つまり、純度100%のものは“1000‰”ということになります。

・金の刻印
K24(または1000)=1000‰
K22(または917) = 917‰
K20(または835) = 835‰
K18(または750) = 750‰
K14(または585) = 585‰
K12(または500) = 500‰
K10(または417) = 417‰
K9 (または375) = 375‰

“K”は金の純度“Karat(カラット)”の頭文字で、純度を表す単位です。
『FINE GOLD』或いは『999.9』という表示のものがありますが、これは純金ということです。

“K”の表示が一般的になっていますが、海外では1000や750などの数値がそのまま刻印されている場合もあります。
さらに、“K18WG”は『18金ホワイトゴールド』、“K10PG”は『10金ピンクゴールドなど、カラーゴールドを示す表示もあります。
また、“K18GP”は『18金メッキ』という意味です。

・プラチナの刻印
Pt1000=1000‰
Pt950 = 950‰
Pt900 = 900‰
Pt850 = 850‰

日本では850‰以下の純度のものはプラチナと呼ぶことができません。
純度の高いものがジュエリーとして使われることが多く、高い品質のものが好まれます。
ただし、イギリスでは950‰以下のものはプラチナと呼ぶことができないそうです。

・シルバーの刻印
1000=1000‰
990 = 999‰
950 = 950‰
925 = 925‰

最も多く見られるのは、“925”です。
表示されている数字の前に『SILVER』『STERLING SILVER』『SV』が付いている場合もあります。

«
»