貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

貴金属の刻印

刻印の意味

オーダー品のジュエリーや一点ものの手造り品でもない限り、貴金属やジュエリーには刻印がされています。
金やプラチナなどの素材を示す刻印、ブランドの刻印、宝石のカラット数など、様々な情報が刻印されます。
また、結婚指輪や記念のジュエリーなどには、名前や記念日の刻印や、希望する言葉を刻印することもできます。

金やプラチナなどの素材を示す刻印、ブランドの刻印、宝石のカラット数などの刻印は、絶対にしなければいけないという決まりはありません。
しかし刻印をする場合には、嘘の内容であってはいけません。
18金に24金の刻印をしたり、金メッキなのに18金と偽ったり、或いはシルバーにプラチナの刻印をするなど、このような嘘の刻印をした場合には詐欺行為となります。

腕の立つ鑑定士であれば、良く見ればそれが嘘か本当かを見極めることができますが、素人の方は刻印されている内容でその金属が何であるのかを判断します。
つまり、嘘の刻印がされている場合には、消費者を騙すことを目的としていると判断されます。
金地金の投資が流行り始め、金の価格が高騰する中、高い利益を得ようとして詐欺行為を働く犯罪者が増えています。
刻印を偽ったジュエリーが増え、買取業者の被害が相次いでいますが、一般の消費者も気を付けなければいけませんね。

金・プラチナ・シルバーの刻印

金やプラチナは、純度100%のものでは柔らかすぎて装飾品として使用するのは困難です。
ですから、ジュエリーやアクセサリーとして使用するときには、硬めの物質を混ぜてある程度の硬度を持たせます。
その純度が素材の刻印として表示されます。

貴金属の純度は、‰(パーミル)という単位で示します。
%(パーセント)が100分率であるのに対して、‰(パーミル)は1000分率です。
つまり、純度100%のものは“1000‰”ということになります。

・金の刻印
K24(または1000)=1000‰
K22(または917) = 917‰
K20(または835) = 835‰
K18(または750) = 750‰
K14(または585) = 585‰
K12(または500) = 500‰
K10(または417) = 417‰
K9 (または375) = 375‰

“K”は金の純度“Karat(カラット)”の頭文字で、純度を表す単位です。
『FINE GOLD』或いは『999.9』という表示のものがありますが、これは純金ということです。

“K”の表示が一般的になっていますが、海外では1000や750などの数値がそのまま刻印されている場合もあります。
さらに、“K18WG”は『18金ホワイトゴールド』、“K10PG”は『10金ピンクゴールドなど、カラーゴールドを示す表示もあります。
また、“K18GP”は『18金メッキ』という意味です。

・プラチナの刻印
Pt1000=1000‰
Pt950 = 950‰
Pt900 = 900‰
Pt850 = 850‰

日本では850‰以下の純度のものはプラチナと呼ぶことができません。
純度の高いものがジュエリーとして使われることが多く、高い品質のものが好まれます。
ただし、イギリスでは950‰以下のものはプラチナと呼ぶことができないそうです。

・シルバーの刻印
1000=1000‰
990 = 999‰
950 = 950‰
925 = 925‰

最も多く見られるのは、“925”です。
表示されている数字の前に『SILVER』『STERLING SILVER』『SV』が付いている場合もあります。

ホールマーク

日本では、ホールマークは造幣局が貴金属製品の分析をした上で、正しい品位にだけ国家検定の刻印として打つものです。
造幣局の品位証明記号を打刻します。
日本国旗のマーク、菱形に囲まれた数字、プラチナの場合はプラチナマークとなります。

刻印は義務ではない

先述にもありますように、刻印は必ずなければいけないという決まりはありません。
しかし造幣局で検品された上で刻印されたものであれば、品質に間違いはないと信頼できるものとなります。

«
»