貴金属買取で損をしない方法とは?高く売る方法をお伝えします!

貴金属の知識

金・シルバー・プラチナの本物の見分け方

金・シルバー・プラチナの本物と偽物

金・シルバー・プラチナを見分けるには、基本的には刻印で判断します。
指輪の場合には、裏側に刻印されているのが確認できるでしょう。
また、ネックレスやブレスレットの場合には、留め具部分に刻印があるのが一般的です。
まず刻印を確認し、どこにもない場合には偽物である可能性があります。

ただし、刻印の意味が分からなければ、本物か偽物かの判断はできません。
例えば、金メッキの場合には金メッキを表す刻印がされていますし、場合によっては正式ではないデタラメな刻印がされている場合もあります。
偽物の貴金属を購入した場合、故意に本物として売っていたものを騙されて買ってしまった場合は詐欺となる可能性がありますが、買った本人が確認せずに勝手に勘違いして購入した場合には『騙された』と認められないこともあります。
海外では非常に多いので、気を付けなければいけません。

本物ではない刻印

刻印の中には、メッキを表す表示もあります。

・『PF』『GF』『GP』
『PF』『GF』『GP』は、メッキを表すものです。
例えば、K18GPのように、貴金属を表す表示の後ろに『PF』『GF』『GP』が付いている場合には、メッキだということを表しています。

・Pt100
『Pt100』の表示を見て、プラチナだと勘違いする方がいます。
純度100%のプラチナは“Pt1000”と表し、“Pt1000”と刻印されます。
『Pt100』という表示は貴金属にはありませんので、騙されてはいけません。

・様々な偽造刻印
海外で購入した貴金属の中には、非常に多くの偽物があります。
日本ではあり得ないような偽造刻印が多く、18金ではないのに『K18』と刻印をするなど、虚偽の刻印に騙されて購入してしまう日本人が非常に多くなっていますので、気を付けましょう。
海外で貴金属を購入する場合には、信用のおける老舗のジュエリーショップやブランド店で購入することをお勧めします。

刻印の種類

偽物を購入することがないよう、貴金属の正確な刻印を覚えましょう。

・金
K24 = 純金99.9%
K22 = 純金91.7%
K18 = 純金75%
K14 = 純金58.3%

尚、K22・K18・K14に関しては、純金以外に別の物質を混ぜ合わせています。

・プラチナ
PT1000 = 純度100%
Pt950  = 純度95%
Pt900  = 純度90%
Pt850  = 純度85%

尚、Pt850未満のプラチナは、規定によりジュエリーとして販売することができません。

・シルバー
SV1000 = 純度100%
SV925  = 純度92.5%

尚、一般的にはSV925が製品として使われることが多く、純度90%以下のものはほとんど使われていません。

知識と経験

上記のような見極め方がありますが、実際には貴金属をよく知っている方の場合には、知識と経験がものを言います。
本物に触れ、使用し、好んでいる方であれば、手にしたときの重さや硬さなどで、本物と偽物を見極めることができるようになります。

例えば、金メッキのものと本物の金のものがあった場合、パッと見では判断が付かないかもしれませんが、手に取ってみるとその重さの違いや感触で本物か偽物かが分かるでしょう。
さらに、触れたときの温度の違いは、意外なほど明確です。
貴金属には一瞬の冷たさを感じることができますので、手に取った瞬間に違いを感じることができるでしょう。
ただし、判断できるようになるには、知識とある程度の経験が必要です。
ですから貴金属店長年に勤めている方や、質屋などの買取業者の方などは、手に取った瞬間に本物か偽物かが分かると言います。
ご自身で判断できない場合には、貴金属店などの専門家に鑑定してもらうと良いでしょう。

貴金属の種類

貴金属の種類

貴金属と言えば、金・プラチナ・シルバーがその代表ですね。
貴金属はアクセサリーの総称だと思っている方もいらっしゃるようですが、そうではありません。
アクセサリーの素材となることはありますが、アクセサリーそのものも指す言葉ではないのです。
貴金属とは、8種類の金属を指す総称で、それ以外の金属に関しては貴金属とは呼びません。

金・シルバー・プラチナは、貴金属の中でも非常に人気が高く、アクセサリーにもよく使われています。

[8種類の貴金属]
・金
・シルバー
・プラチナ
・バラジウム
・ロジウム
・イリジウム
・ルテニウム
・オスミウム

金・シルバー・プラチナの種類

金・シルバー・プラチナには、それぞれ種類があります。

●金
イエローゴールド=純金75%にシルバーと銅を12.5%ずつ混ぜ合わせた18金で、黄色味が強い金です。
ピンクゴールド=純金75%にシルバー7.5%と銅を17.5%混ぜ合わせた18金で、赤味の強い金です。
ホワイトゴールド=純金75%にパラジウム20%とシルバー5%を混ぜ合わせた18金で、プラチナのような色の白い金です。

●シルバー
シルバーは、純度によって種類が異なります。
“SV1000”“SV950”“SV925”SV900”など、シルバーの純度で区別され、1000分率で会わらします。
“SV1000”は純度100%のシルバー、“SV925”はシルバーが92.5%、7.5%は別の金属を混ぜたものです。
混ぜ合わせる金属に制限されているものはなく、含まれている金属はそれぞれ異なります。
一般的なシルバーアクセサリーに使われているものは“SV925”で、『スターリングシルバー』と呼ばれています。
また、純度100%の純銀“SV1000”は『ピュアシルバー』と呼ばれています。
混ぜる物質の種類によって色味が変わりますので、『ピンクシルバー』『プラチナシルバー』『グリーンシルバー』などあります。

●プラチナ
プラチナは、ゴールドやシルバーのように色や名前に違いはありません。
ただし、純度で種類は分けることができます。
“Pt1000”“Pt950”“Pt900”がその主な種類となりますが、“Pt1000”はプラチナ100%、“Pt950”はプラチナ95%に別の物質を5%混ぜ合わせたもの、“Pt900”はプラチナ90%に別の物質を10%混ぜ合わせたものです。
色味の違いは、ほとんど感じることはないでしょう。

金・シルバー・プラチナに種類がある理由

上記のように、金・シルバー・プラチナの種類は、それぞれの純度によって分けられています。
伴って金やシルバーは色も異なります。
では、なぜこのように同じ貴金属にいくつもの種類を造ったのでしょうか
最も大きな理由として、純度100%では物質が柔らか過ぎて加工しづらいことが挙げられます。
金の場合、純金では柔らかすぎて加工がしにくい上に、金製品になったときに変形や損傷しやすいという不便があります。
しかし、シルバーや銅、ニッケルなどを混ぜ合わせることによって、ある程度の硬度を保つことができるため、加工もしやすく変形の心配もほとんどない金製品を作ることができます。
そして、混ぜ合わせる金属の比率で、イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールドなど、非常に美しい色味の金が生まれるというわけです。

シルバーやプラチナにも同様のことが言えます。
純度100%では柔らかく、アクセサリーなどに加工することが困難となってしまいます。
ですから、別の金属を混ぜ合わせて、硬度を高くし、加工しやすくするというわけです。
細かいデザインや美しい曲線は、このような工夫によって生まれているのです。

ディスカウントショップで取り扱う貴金属

ディスカウントショップとは

ディスカウントショップでは、日用品や食料品、ペット用品や美容用品、家電、衣料品、オモチャ、化粧品など、実に様々なものが売られています。
大きな特徴として、商品が一般的な価格よりも安く売られており、薄利多売を目指した小売店となっています。
非常に安い価格で売られているため、箱買いやまとめ買いをする方もすくなくありません。

ディスカウントショップで売られる貴金属

また、ディスカウントショップでは貴金属やジュエリー、時計なども売られています。
ブランド品も多く、中には高級ブランドのものや一流メーカーのものもあります。
しかし高級ブランドや一流メーカーのものであっても、日用品や化粧品などほかの商品と同様、一般的な価格よりも安く売られています。
ジュエリーショップで購入した方が、同じ商品をディスカウントショップで見ると、ショックを受けるほど価格に差があります。

ディスカウントショップで売られている貴金属やジュエリーは、そのほとんどが型落ちしたもので、並行輸入品となっています。
安さの秘密はそこにあります。
正規品に比べて確実に安く、場合によっては半額以下になっているものもあるでしょう。
ファッショントレンドはシーズン毎に変化するもので、それは貴金属やジュエリーにも言えることです。
流行りのデザイン、流行りの素材、アイテム、色、全てに変化があります。
ですから、型落ちした商品は安く仕入れることができ、その分安く販売することに繋げることができるのです。

ディスカウントショップの売りは“安さ”です。
極端に言うと、新商品を求めている人には不向きなところです。
ですから、ディスカウントショップで購入する貴金属やジュエリーは、トレンドに左右されないものが良いでしょう。
非常にリーズナブルに貴金属やジュエリーを楽しむには、ディスカウントショップを利用するのも良いですね。
リユースでもないのに安い価格で売られているという意味では、非常にお得感があります。

並行輸入品とは

海外ブランドの商品には、正規品と並行輸入品があります。
簡単に言うと、正規品は日本の正規代理店を介して輸入された商品で、並行輸入品は正規代理店を通していない商品です。
海外のバイヤーや正規店から直接買い付けることで、価格を抑えることを可能とし、そのお陰で安価でブランド品の貴金属やジュエリーを入手することができるのです。
並行輸入では、輸入時の為替相場で価格が変動するため、価格を一定にすることができません。
正規品より安価で、日本で発売していないブランド品を手に入れることも可能となります。
ただし、並行輸入品は正規店でアフターケアを受けることができません。
アフタサービスのある販売店であれば、店舗で可能なサービスを受けることになります。

ディスカウントショップでの買い取り

ディスカウントショップでは、貴金属やジュエリーの販売を行っている傍らで、買い取りも行っている場合があります。
貴金属やジュエリーの買い取りと言えば、質屋やリユースショップや買取専門業者を思い浮かべるでしょう。
ディスカウントショップで買い取りを行っていることは、意外と知られていません。
ジュエリーコーナーに『買取します』等の張り紙などの表示を確認して下さい。
ある場合には、持ち込みをして査定をしてもらうことができます。

ディスカウントショップの買い取りの特徴として、“人気のある商品”は高値が付く傾向にあります。
ブランド品や宝石の付いた豪華なものであっても、“売れそうもないもの”に関しては査定価格が低くなってしまうでしょう。
売却を考えている場合には、まだ流行っているうちに持ち込むことがポイントです。
自分でも流行りの物は身に付けたいと考えるので、流行っているうちに手放すということはなかなか難しいことです。
しかし流行りが終息してしまってからでは、査定価格が安くなってしまいます。

金と金メッキのお手入れの違い

金のアクセサリーの変色

金のアクセサリーはファッションアイテムとして非常に好まれ、男女問わず人気が高くなっています。
金は華やかさがありますので、アクセサリーを一つ着けるだけで印象はかなり変わりますし、存在感もあります。

結婚指輪に限らず、毎日アクセサリーを付けている方もいますが、付け続けられたアクセサリーは変色や錆ることがあります。
アクセサリーを付けると皮脂や汗が付着しますし、環境によっては油や埃などが付く場合もあります。
付着物に反応して変色したり、錆ることもあるでしょう。

ただし、そもそも金は変色や腐敗を起こす素材ではありません。
ですから純金『K24』は、汚れが付くことはあっても変色や錆ることはありません。
何十年も経過した場合でも、純金の場合は品質が変わることはありません。

では、金が変色するのは何故でしょう。
純金『K24』は100%純金ですが、『K18』『K14』『K10』と数字が小さくなるほど純金の割合は少なくなり、代わりに混ぜ込む物質の割り合いが大きくなります。
ですから、変色や錆はその混ぜ込まれた物質が反応したもので、金そのものが反応したものではないのです。

金メッキアクセサリーの変色

金メッキのアクセサリーの場合、金は表面のメッキの部分だけで、実際の物質はほかのものです。
ですから、金メッキのアクセサリーが変色した場合には、まずメッキが剥げたことを考えてみましょう。
また、物質そのものが錆びている場合もあります。
いずれにしても、色を戻すことは難しいでしょう。

金のアクセサリーのお手入れ

金のアクセサリーのお手入れは、着けたその日に柔らかい布で汚れを拭き取ることに始まります。
1度使用すれば、必ず皮脂汚れは付いています。
その汚れを放置すると、変色や錆の原因となりますので、使用したら拭く!ということを習慣にしましょう。
さらに汚れが目立ったり、変色や錆があったばあいには、中性洗剤で洗浄します。

①中性洗剤をぬるま湯に溶き、金のアクセサリーを入れて柔らかい歯ブラシなどで擦ります。

②丁寧に磨いたら、ぬるま湯ですすぎます。

③キッチンペーパーや柔らかい布で水分を拭き取ります。

④汚れが取れたことを確認して、貴金属専用の布で磨き上げて出来上がり♪

しかし頑固な汚れが付いている場合、上記のやり方では取れない場合もあります。
その場合は下記の方法で洗浄して下さい。

①鍋に水を張り、中性洗剤を数滴入れます。

②鍋に汚れや変色のある金のアクセサリーを入れ火にかけ、沸騰一歩手前で煮沸します。

③火傷しないように鍋からアクセサリーを取り出し、鍋のお湯を捨てて水を入れ、その中に再度アクセサリーを入れます。

④アクセサリーが冷めたら、キッチンペーパーか柔らかい布で水分を拭き取ります。

⑤汚れが取れたことを確認して、貴金属専用の布で磨き上げて出来上がり♪

さらにジュエリーショップに行くと超音波洗浄機がありますので、洗浄をお願いすると良いですね。
ほとんどの場合、無料サービスとなっていますので、お願いすると良いでしょう。

金メッキアクセサリーのお手入れ

金メッキは擦ったり磨いたりすると、メッキが剥がれてしまいます。
メッキが剥がれると金の色ではなくなってしまい、汚れた印象になるでしょう。
ですから、絶対に擦ったり磨いたりしてはいけません。

では、どのようにお手入れしたら良いのでしょうか。
金メッキアクセサリーにも、使用すれば皮脂や汗の汚れが付きます。
その汚れを放置すると、金メッキが剥がれる原因となりますので注意が必要です。

金メッキアクセサリーを使用した日は、ぬるま湯でサッと汚れを流すようにしましょう。
水分を拭き取るときには、キッチンペーパーや柔らかい布で抑えるようにし、決して擦らないようにしてください。

ただし、金メッキはいずれは剥げてしまいます。
経年による劣化がありますので、どんなに大切に扱っても残念ながら免れることはできません。

ピンクゴールドの結婚指輪

ピンクゴールドとは

ピンクゴールドは、ホワイトゴールドやイエローゴールドと並ぶカラーゴールドです。
ピンクがかった金色のピンクゴールドは、純金に銅を混ぜ合わせて色味を出した金です。
純金の割り合いが75%という場合が多く、この割り合いの場合には『K18』と言うことになりますので『K18PG』という刻印がされています。

近年、ピンクゴールドを好む女性が増え、非常にニーズが高まっています。
人気の秘密は、日本人の肌に馴染みやすい色味で、着けるだけで美肌に見せる効果があることが挙げられます。
ですから年齢問わず、若い女性から大人の女性まで幅広い年齢層に人気があるようです。

ピンクゴールドの結婚指輪

結婚指輪と言えば、人気第一位の素材はプラチナです。
これは不動の一位と言われており、長年変わることはありませんでした。

ただし、最近では結婚指輪にピンクゴールドを使用するケースが増えています。
これまででは考えられなかったことです。
近年、結婚指輪はプラチナかホワイトゴールド、一昔前には金が流行った時代もありましたし、プラチナと金のコンビは現在も多くの方が好んでいます。
しかしピンクゴールドを結婚指輪に使うということは、これまであまりないことでした。

最近では、「長く付け続ける結婚指輪こそピンクゴールドがいい!」という女性が増え、結婚指輪にピンクゴールドが登場したというわけです。
とは言え、やはり多くはプラチナやホワイトゴールドの白金色ですので、周りと差を付けたい方にはピンクゴールドがオススメです!

ピンクゴールドで気を付けること

上記でも述べたように、ピンクゴールドには銅が混ぜ込まれています。
金は変色することや劣化することがない物質ですが、銅はそうもいきません。
汗や皮脂、温泉などに反応し、変色することがありますので、布で拭いたり洗浄するなどの手入れが必要です。
指輪だけでなく、ネックレスやピアスなど、ピンクゴールドの製品は気を付けて扱わなければいけませんね。

金としての希少価値

日本人はプラチナを好む傾向にありますが、その理由の一つに“希少性”を上げる方が多くなっています。
確かにプラチナは1トンの原鉱石から3g程度しか採取できないと言われていますが、金も1トンからは5g程度しか採取することができません。
さらに、地球上で採掘できる金の埋蔵量は、持ってあと20~30年だと言われています。
ですから、さらに金の希少価値が高くなることが考えられます。

また、ピンクゴールドだけでなくホワイトゴールドやイエローゴールドなど、カラーバリエーションも豊富で、色を作り出すことができるのも大きな特徴ですね。
金は柔らかく、ほかの物質と混ざりやすい性質を持っているため、様々なカラーゴールドを作ることを可能としているのです。

コストパフォーマンス

ピンクゴールドは純金の割合から言って『K18』ですので、純金『K24』やプラチナと比較すると安価で購入しやすいでしょう。
デザインなどによって価格差はありますが、結婚指輪の素材としては第一位のプラチナよりは、確実に価格が低くなります。
以前は、結婚を記念して購入する結婚指輪に関しては、「ちょっと贅沢をして」や「せっかくの機会だから」という基準で高価なプラチナが好まれてきましたが、予算内の贅沢として金が好まれるようになり、さらにピンクゴールドの人気が高まってきました。

色の相性

プラチナの人気の高さには、肌馴染みの良さだけではなく、ダイヤモンドとの相性の良さが関係しています。
しかし色味の異なるピンクゴールドは、やはり肌馴染みが良く美肌に見せる効果があり、さらにダイヤモンドとの相性も非常に良いです。
プラチナの気品に対して、ピンクゴールドは愛らしさ可愛らしさを演出します。

家に眠っている貴金属

日本の貴金属市場

1978年、日本の貴金属ブームは金の輸入が解禁されたことに始まりました。
絶頂期はいわゆるバブル時代で、1990年を挟んだ前後には取引金額のピーク3兆円に達しました。
現在は絶頂期に比べれば少なくはなりましたが、それでも1兆円市場となっています。
貴金属市場は日本における巨大産業と言えるでしょう。

古い貴金属

金やプラチナなどの貴金属は、長く経年しても中古品という概念はありません。
デザインが古く、もう身に付けることができないものでも、金やプラチナの場合は相場価格があるため重量で価格が決まります。
つまり、デザインや壊れていることなどに関係なく、買取してもらうことができるということです。
そういう意味では、タンスに眠っている指輪やネックレスなっどのアクセサリーなどにも、高い価値がある可能性があるということです。

戦後、日本では貴金属ジュエリーの取り引きが、金額にして末端価格が総額100兆円だと言われています。
総額100兆円の貴金属ジュエリーは、今はどうなっているのでしょうか。
もちろん中にはその後も売買を繰り返されているものもあるでしょうし、親から子へ受け継がれているものもあるかもしれません。
しかし100兆円もの貴金属ジュエリーの中には、タンスで眠っているものや忘れ去られたもの、遺品となって誰にも気付かれていないものなどもあるかもしれません。
心当たりがある方は、是非一度、家の中を探してみてください。
眠っている財産があるかもしれませんよ。

貴金属なら売れます!

実際に貴金属製品を見つけても、あまりの古さで「これは流石に売れないでしょう」とハナから諦めていませんか。
それは非常にナンセンスです。
仮にアクセサリーが偽物であった場合は、思うような査定価格が付くことはないでしょう。
しかし本物であれば、その重量次第で驚くような価格で売れることもあります。
金もプラチナも“1g単位”で売却することができますので、例え1gのピアスであっても金・プラチナであれば売却することができます。
また、壊れて使えなくなったアクセサリーや片方しかないピアスやイヤリング、使用したピアスなどは、いずれもアクセサリーとしての価値はほとんどなく、買取業者た質屋などでは敬遠する商品ですが、貴金属買取業者であれば問題なく買い取ってもらうことができます。
ですから、「どうせ売れない」と諦める必要はありないのです。
まずは家の中にある不要な貴金属を探し出し、買取業者で査定をしてもらいましょう。

貴金属の訪問買取、押し買いに注意!

昨今、家に押しかける訪問買取の悪質業者が横行しています。
悪質業者は、予め電話をする場合もありますし、約束もなく突然家に押しかける場合もあります。
ほとんどの場合、「タンスの奥や宝石箱の中に、使わない不要な貴金属やジュエリーは眠っていませんか?」と話しを持ちかけます。
確かに、どこの家にも1つや2つはありそうですね。
そして、「使っていない不用品を是非買取させてください」と言い、「どうせ使っていないなら、少しでも現金に換えた方がお得ですよ」と、言葉巧みに断る隙間もないほどに勧めてきます。
ここで「とりあえず見せるだけなら」と貴金属やジュエリーを出してしまったら、悪徳業者の思うツボです。
悪徳業者は貴金属やジュエリーを鑑定して、本物だと分かれば無理やりにでも買い取ろうとします。
「売る気はない」とはっきり断っても強引にお金を渡して買い取り、書類を作成してしまいます。
その金額は驚くほど少額で、正当な金額ではありません。
そもそも、金額に納得していないのに、了承もなく強引に買い取りをしてしまうこと自体、恐喝や詐欺まがいの行為です。

もしもこのような悪徳業者の押し買い行為に遭った場合には、国民生活センターに相談をし、警察に通報してください。

イエローゴールドの魅力

イエローゴールドと金の違い

イエローゴールドという名前を聞いたことがあるでしょう。
イエローゴールドとは、一体何なのでしょうか。

イエローゴールドは金の一種で『K18YG』と表記します。
見た目には、イエローゴールドも金に見えることがあるかもしれませんが、純金に比べて黄色みが強く金属の配合も異なるため、金とは区別した名前となっています。

K24とK18の違い

金には『K24』や『K18』がありますが、これは金に含まれる純金の量の割合で、『K24』が100%純金ということになります。
金の割合で色にも違いがあり、純金100%の『K24』純金75%の『K18』と、数字が小さくなるほど金の割り合いが少なくなります。
価格は金の割り合いが最も多い『K24』が高額で、割り合いが少ないほど価格も下がります。

イエローゴールドは、純金75%、銀12.5%と銅12.5%が入っているため、純金の割合としては『K18』と同様です。
ただし、混ぜ込む物質の色合いから『K18』の色よりも黄色みが強くなり、並べてみると違いが明確に分かります。
また、ピンクゴールドは銅の割合を多く、ホワイトゴールドはパラジウムを混ぜて白くなったものを指します。

K18の変色

純金である『K24』は、ほとんど変色することがありません。
ただし、『K18』は純金に別の物質を25%混ぜており、変色しやすい銅を使っていることからきちんと手入れをしなければ変色することもあります。
変色は、イエローゴールドの場合は黄色が強くなり、ピンクゴールドの場合は赤くなります。

純金は柔らかい金属ですので、少しのことで傷ついたり損傷することがあります。
ですから、せっかくのデザインが変形してしまうこともあり、アクセサリーとしては不向きな点があると言えます。
その点『K18』は硬度も高く、アクセサリーとしては最適です。
よく手入れをして、変色しないように気を付けながら大事に使いましょう。

ジュエリーとしてのイエローゴールド

イエローゴールドはジュエリーに最適の色味を持ち、指輪やネックレスなど多くのものに使われています。
特に日本人の肌に馴染みの良い色味ですので、ネックレスなどは非常に良く映えます。
また、非常に上品で女性らしさを持つイエローゴールドは、カラーゴールドの中でも人気が高く、ピンクゴールドやホワイトゴールドを押えてトップの人気を誇っています。
ですから、イエローゴールドは独自の市場を持っていると言っても過言ではなく、ジュエリーショップなどでも数多くの品揃えを用意しています。
肌に映える色味は、特別な場所だけでなく普段遣いにも向いています。
Tシャツ1枚のスタイルがイエローゴールドのジュエリーで女性らしくなり、非常にオシャレな印象に変わるでしょう。

イエローゴールドの買取

イエローゴールドのアクセサリーを売却する場合、[売却当日のイエローゴールドの相場価格×イエローゴールドの重量+宝石やブランド]という計算になります。
宝石が付いている場合やブランド品の場合にはその分も査定されますが、金買取業者ではイエローゴールド以外の部分に関して価格を付けることがありません。
ですから、ダイヤモンドが付いていても、高級有名ブランドであっても、イエローゴールドそのものの重量のみで相場価格から価格を算出することになります。
宝石やブランド品の場合は、金買取業者では納得できない価格になることもあるでしょう。
逆に、シンプルなノンブランドのイエローゴールドのチェーンネックレスや指輪の場合には、金買取業者の方が高い査定額となるかもしれません。
イエローゴールドを売却する際には、いくつかの買取業者で見積もりを出してもらい、納得できる査定額の業者を選ぶと良いですね。

金製品の本物と偽物

フェイクジュエリー

宝石や貴金属などには、フェイクジュエリーと言って偽物であることを前提に販売しているものがあります。
毛皮にフェイクファーがありますが、高額で手が出ないものでも、フェイクであれば安価で購入することが可能である点が大きな魅力です。
このようにフェイクであることを前提にし、それを分かった上で購入する場合には全く問題はありません。

ただし、昨今増えている手の込んだ金製品の偽物は、フェイクとしてではなくあくまでも“本物”として売られているため、非常に悪質だと言えます。

巧妙な偽物

金製品の偽物には、実に様々なものがあります。
偽物には、大きく分けて『金メッキ』のものと『刻印と物質が一致しない』ものの2種類があります。

・金メッキ製品の虚偽の刻印
金の純度を表す表示は“K24”や“K18”などがあります。
これが金メッキの場合、“K18GP”という風に『GP』が追加されるのです。
しかし金メッキであるにも関わらず“K18”などと金製品に見せかけた虚偽の表示をしているものがあります。
素材は比重が金に近い『タングステン』である場合が多く、その上に金メッキを施しているのです。
また、中にはタングステンに金色の銅メッキを施し、全く金を使用していないのに“K18”などの刻印がされているものもあります。

・金以外の素材を部分的に使用
ジュエリーに見られるケースとして、金の刻印があって実際に金を使用されているものであっても、留め金や繋ぎのマルカンなど細かい部分に金以外の素材を使用しているものがあります。

・純度の詐称
実際に使われている金の純度と表記されている純度が異なるものがあります。
“K18”の表示であるにも関わらず、実際には“K10”の素材である場合など、虚偽の表示をしているケースです。

偽物であっても、ショップの照明の下で見るととてもキレイに見え、違和感を感じない場合が多いようです。
実際には、使用しているうちにメッキが剥げるなど、違和感を感じることがあるでしょう。

金製品の本物と偽物

金製品が本物か偽物かを見極めるには、まず疑ってみることが必要ですね。
「ちゃんとしたお店で売ってるものだから、本物に決まってる!」という思い込みが騙される最も大きい要因です。
本物であることを確認できる鑑定力を持ちましょう。

・磁石を付ける
金に磁石がくっつくことはありません。
もしも磁石にくっつくことがあれば、それは間違いなく偽物です。
ただし、銀や錫など磁石にくっつかない金属はほかにもありますので、判別には決め手が弱い方法だと言えますね。

・刻印
第一に確認しなければいけないものとして『刻印』があります。
金製の純度を表す単位は『カラット=K』で、表記としては『K24』『K18』『K14』という風になります。
また、混合物で色味を変化させたホワイトゴールドは『K18WG』、ピンクゴールドは『K18PG』という刻印になります。
金メッキの場合には、『K18GP』と“Gold Plated(ゴールドプレーテッド)”を略したと“GP”が付きます。

ただし、上記で述べた通り、この刻印さえも虚偽である場合があります。

・金の色味
金は純度によって色味の違いがあります。
本物と偽物を区別する一つの方法として、色味の違いがあります。
純金であるK24は最も色味が濃く、オレンジ色に近い山吹色をしています。
純度が下がれば色味が薄くなり、オレンジ色が黄色っぽくなっていき、K10になると銅の含有率が増えて色味が暗くなります。
もしも本物をお持ちの場合は、色味を比較すると良いですね。

上記のいくつかの方法を試して、本物か偽物かを判断すると良いでしょう。
また、ショップで「偽物かもしれない」と思ったものは買わないことです。
「デザインが気に入っているから、偽物でもいい」と思うこともあるかもしれませんが、そうした行動が偽物の金製品を増加させる原因の一つとなっています。
「おかしい」と思ったら、買わないこと!
気を付けましょう。

イヤリングの買取査定

使わなくなったイヤリング

イヤリングは、片方だけになってしまうことがよくありますね。
ジュエリーボックスの中にもう2度と使われることのない、片方だけのイヤリングは眠っていませんか。
現在、人気の高いブランド品のイヤリングであったとしても、片方だけではイヤリングとしての価値は低いでしょう。
しかし諦める必要はありません。
片方だけしか残っていないイヤリングであっても、金やプラチナであれば貴金属専門の買取業者で換金することができるでしょう。

また、両方揃っているイヤリングであっても、古くて需要がなさそうなものや、人気があり過ぎて数が溢れているものなどは、同様に貴金属専門の買取業者で換金することをお勧めします。

イヤリングの査定基準

イヤリングの査定基準は2つあると考えましょう。
一つは『地金の価値』、もう一つは『ブランドやデザイン』です。

『地金の価値』としては、使用済のイヤリングも買取対象となり、地金の相場価格で査定されます。
イヤリングはボリュームが大きいデザインも多く、デザインや流行に関係なく思った以上の金額て買い取ってもらえることが多いようです。

また、『ブランドやデザイン』が査定基準となる商品には、未使用の新品であることが条件となっていることが多いようです。
頂き物などで、あまり好みではないイヤリングをもらった場合には、身に付けずにケースや保証書を付けたまま売却すると良いですね。

こういう場合でも買い取りはできる

・汚れ
地金の相場価格で査定する際、業者は汚れが付着したイヤリングでも全く問題なく買取をします。
しかしフリマやオークションではそうはいきません。
イヤリングでなくても、汚れがある状態のアクセサリーを売ることは非常に難しいでしょう。
汚れたイヤリングは、潔癖症でなくても敬遠したくなります。
取れない汚れが付いている場合には、リユースとして売却することは諦めた方が良いですね。

・片方だけ
イヤリングは片方だけが残っている場合がよくありますが、片方だけであっても地金の相場価格で査定する場合には、問題なく買取をしてもらうことができます。
リユースとして売却することは、できないでしょう。

・留め具が壊れている
上記と同様に、使用目的ではない地金の相場価格での査定では、留め具が壊れていることが影響することはありません。
全く問題なく買取してもらうことができるでしょう。

リユースとしての買取

きちんと両方が揃ったイヤリングで、破損や取れない汚れなどがない場合には、リユースとしての売却も可能な場合があります。
ただし、宝石が付いていたり人気のブランド品でもない限り、金の相場価格よりも高い査定価格が付くのは難しいでしょう。
イヤリングは耳に直接着けるものですので、少しの汚れも不衛生に感じられます。
手入れもしないで保管していた場合には、特に気を付けて観てください。

・濡れコットンで拭き取る
使用したイヤリングには皮脂や汗が付着しています。
濡らして固く絞ったコットンで全体を拭き取り、汚れをしっかり取り去りましょう。
アルコールで拭き取る場合には、宝石に付かないように気を付けて拭き取りして下さい。

・ジュエリー専門の布で拭く
ジュエリー専門の布がありますので、磨くように拭いてください。
それ以外の布で拭いた場合、繊維が挟まる場合があります。

・ケースに入れる
紛失を防ぎ、埃を防ぐためにも、常にケースに入れて保管しましょう。
使用するたびに必ずケースに戻すと良いですね。
・洗浄する
酷い汚れが付いている場合には、ぬるま湯に少量の中性洗剤を溶かしたて、その中でイヤリングを洗ってください。
すすぎをしっかり行い、水分をきちんと拭き取りましょう。
湿り気が取れない場合には、ドライヤーの風を当てて乾燥させると良いですね。

金の資産価値

金投資の特徴

金投資は、金そのものの価値が上下することで利益が生まれる投資です。
簡単に言うと、「安く買って、高く売る」という方法で利益を獲得することができます。
金投資として短期で売買を繰り返し、細かく利益を獲得することもできますし、貯金のように、長期で保有して有事の際に換金するということも可能です。

実物資産としての金

金は実物資産です。
債権や株式は発行元の会社が潰れてしまうと、その券はただの紙くずとなってしまいます。
しかし金は腐敗などの劣化をすることもありませんし、消えてなくなったり、いきなりゴミになってしまうこともありません。
ある価値を保つことができる“実物資産”ですので、信用リスクがありません。
世界情勢や政治経済などの影響で価格が下がることはありますが、ゼロになることは絶対にありませんので安全資産として保有することができます。

金の価格は世界中どこでも同じで、世界共通の『マネー』であると言われています。
換金性が高く、信用力のある金は、古い時代から世界中の人々に愛されてきたのです。

インフレに強い金

インフレになると通貨の価値は目減りしますが、インフレに強い金は価格が上がります。
例えば、物価上昇で紙幣価値が下がるインフレになって通貨の価値が目減りしたとしても、金は価格が上昇します。
実物資産である金は、インフレヘッジとして購入される傾向にあるのです。
逆に、物価が下がってデフレになり、経済への信用不安が起こった場合、金の価値は消滅しませんが価値が上昇することもなく、デフレに沿って価値が下落します。
物価が上昇すれば通貨の価値が下がり、リーマンショック以降は他の資産の値下がりとは対照的に金は値上がりを続け、そのことで金がほかの資産と別の流れにあることが注目されています。
債権や株式投資以外に金投資を取り入れる動きが広がり、機関投資家や新興国の中央銀行も金の保有をしています。
ただし、インフレ対策に各国が利上げをすることで、金利が発生する金融商品の運用が有利になるため、金は購入されなくなる傾向にあります。

有事に強い金

リーマンショック、サブプライムローン問題など、金融不安は世界中の投資環境を悪化させて、株式や通貨の価値を大きく変動させました。
金は、災害や戦争、テロなど、不安材料となることが起こると価格が上昇する傾向にあります。
アメリカテロ事件の際には、前後1年で価格が20%上昇しました。
また、株安や低金利の場合にも、金の人気が高くなるため価格は上昇し、株式投資を行っている人などのリスクヘッジとして利用されることもあります。

世界経済が低迷し、信用不安が高まってくると、多くの投資家はリスク回避を望みます。
ですから金は政治経済が不安定になっても影響を受けにくく、安全資産として需要が高まり、有事には金価格の上昇を見ることができます。

金投資のリスク

金投資にも、投資なりのリスクはあります。

・金利上昇リスク
金には発行元がいないため、利子や配当金がありません。
預貯金には利子が付き、株には配当がありますが、金には保管のための手間と費用がかかってしまいます。

・価格変動リスク
金は需要関係で価格が決定されるため、元本の保証はありません。
つまり場合によっては元本割れをすることもあり、株式投資などと同様に、必ずしも利益を上げるとは限らないということです。

・為替変動リスク
日本は金の輸入国なので、円高ドル安になれば金価格は下がりますし、円安ドル高になれば上昇します。
つまり金の国内価格は、金価格の変動だけでなく為替相場も影響するという事です。
ですから価格変動は非常に複雑なものとなります。

・盗難リスク
購入した金は、当然ですが自分の責任で保管することになります。
手元で保管することは非常に危険ですし、盗難被害に遭う恐れもあります。
また災害に遭った場合に備える必要もありますね。
盗難などに備えて保険に加入したり、銀行の貸金庫に保管するなど、費用は掛かってもより安全な保管方法を選択する必要があるでしょう。

« 過去の記事